FC2ブログ

The Price You Pay


おフランスにて、ムスリムへの"風刺漫画"を繰り返し掲載していた週刊紙の本社が銃撃され、多数の死者が出たという事件は、すでにみなさまもご存知のことでしょう


■YOMIURI ONLINE:警察や軍8万人態勢、逃亡兄弟を捜索…パリ銃撃(2015.1.9)

■YOMIURI ONLINE:パリ銃撃容疑の兄弟、女性人質に立てこもり(2015.1.9)



この新聞社は、福島第一原発の事故を嘲笑するような"風刺漫画"を掲載しやがりましたので、個人的には同情する気になれません。表現の自由を履き違えとるんとちゃうか


風刺というものは、された対象が「クソッwwwこんなのでwwww」と思えるぐらいのユーモアが無くちゃならんと思うんですが、この社の漫画はゲスかったもんね


が、しかし


気に入らないから殺すってのは、いくらなんでも戴けない。いかなる正義があろうとも、容認できるものではありません。言論には言論でしょうに


それに、こういうことが起きると、つつましやかに生きてる他のムスリムにも多大な迷惑となりますやんか。ホンマ極端な連中ってのは、どこの世界でも混乱しか生まんわ


まぁ敬虔で穏やかな人が多いものの、極端に走る連中も目立つのがイスラム教。暴走を止めるシステムが無い時点で、部外者からしてみれば、ぶっちゃけイメージはめさめさ悪いです


ただ、西洋的価値観と砂漠の民の価値観は当然違うわけで、郷に入りては郷に従えも通用しない相手を「移民」として迎え入れたこと自体が、そもそもおフランスのミスではなかったか?とも思うのです


なんというか、グローバルとか寛容さなどという言葉に酔うてしまい、あるいは目先の打算で動いてしまい、そこに含まれるリスクを読めてなかったんとちゃうのか。読めてても浅く、甘かったんでしょう


だから価値観の相違に対する準備もしていなかった。法制度にしても、泥縄というか後追いでやらざるを得なかったのかも


おフランスだけやなく、欧米諸国全般に言えることですな


移民してくる者にしても海外へ出る者にしても、たいていの場合、よその地であるにも関わらず、異文化共生ならぬ「異文化強制」をやらかすわけですよ。そりゃ衝突するわね


文明の衝突というよりも、相容れない価値観の衝突ですわ。これは欧米の支払うべきツケの1つですね


いや、欧米というよりも、無節操な移民政策を取った国々と言うべきか。我が国でも、周回遅れで積極的移民政策を主張するボケがおりますが、欧米の失敗例を見ておいて、よくそんなことが言えるなぁと思うのです


都合の悪いことは聞こえないんですかね
(∩゚д゚)アーアーきこえなーい


そんな調子じゃリスクも読めていないことでしょう。相手も人間だ、日本人と同じく、話せばわかる!などと考えてるヤツがグローバリストとか何の冗談かと


みんながみんな、平均的日本人と同じ価値観を持ってるわけやないのよ。そういうグローバリスト()こそ、多文化の存在を認めてないんとちゃうかなぁ





関連記事
スポンサーサイト



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

tag : フランス 新聞社 銃撃 イスラム

コメントの投稿

Secre

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ