FC2ブログ

ステレオタイプ


わしは生まれも育ちも大阪の、いわゆる大阪人であります。数多くの転居や放浪をしてきましたが、大阪に舞い戻って「落ち着くわ〜」などと考えている自分は、根っからの大阪人なんやなぁと再確認している日々(笑


ところで大阪以外にお住まいの方々は、大阪を、大阪人を、どのようなイメージで見ておられるのでしょうか。だいたいこういう感じやないですかね?



・お笑い
・たこ焼き
・阪神タイガース
・犯罪率が高い、物騒
・マナーが悪い
・騒がしい



それは間違ったイメージです・・・とは言い難い
(´・ω・`)


そのイメージ通りの事実があり、また、上記イメージすべてに当てはまる人物もおります。まぁテレビ等で誇張された「大阪のイメージ」が拡散されたこともありますが、くやしいことに、事実であることは認めざるをえません orz


しかーし!


大阪のすべてがそうだというわけではありません。まず、犯罪者ばかりの街なわけがないですし、マナーの良い人はちゃんとおります。巨人ファンも横浜ファンもいてます。お笑いやボケツッコミが苦手な人、穏やかで静かな人も多いのですよ


一部の強烈なイメージが「これが大阪!」として前面に出てしまってるだけで、実際にはそうではないことも多々ありますのね


また、ひとくちに大阪人と言いましても多種多様な人間がいてるわけで、いわゆる「ステレオタイプの大阪人像」で、すべての大阪人を見ない・ひとくくりにしないでいただきたいッッ(キリッw


以上、大阪人からのお願いでした(違。でもまぁこれは大阪に限らず、他府県にも言えることですよね


地域性や県民性ってのは、傾向として少なからずあります。ただ、それがすべてではない、多くの人に当てはまらないこともあります。場合によっては、県民性とやらは過去の(古い)イメージに過ぎず、現在はまるで別物になっていることもありえます


たとえば「江戸っ子」のイメージが、現在のすべての東京人に当てはまるでしょうか?名古屋人は全員「みゃーみゃー」鳴くのでしょうか?お山はどこまで続くのでしょうか?砂丘はどこま(ry


そんなわけでステレオタイプ(紋切り型・型にはまった)のイメージというものには、参考にはするけれど、それがすべてでは無い、という姿勢で接するべきでしょう



これは国外にも同じことが言えると思うのです



たとえば中国や韓国。ぶっちゃけわしは、この両国とも好きではありません。なんで反日を是とする国を好きになってやらなきゃならんのか?世界中で反日を掲げてる国は、特アの3バカ国家だけですからね。別にこやつらと仲良くする必要もありません


その上での話ですが、


わしは「すべての中国人が悪である」とは考えておりません。見識が高くマナーも心得ていて、しかも親日・知日という中国人もいるからです


中国語の読める方(または翻訳環境のある方)は、百度(バイドゥ)の掲示板のうちの日本文化板をご覧くださいまし。ステレオタイプの反日中国人イメージとはまったく違う姿を垣間見ることができますよ


あと、Twitterでフォローしている中国の青年は、独力で日本語を学習し、視野も広く知的レベルも非常に高く、なおかつ天皇陛下のご病状を心配しているという、ステレオタイプを覆しまくる好人物です


韓国の場合、ネットに接続→発言すると個人特定が容易なため、社会の雰囲気から、親日的発言が難しいという実情があります。そんな中でもシンシアリーさんのような方もおりまして、すべての韓国人が反日憎悪の塊というわけではない、とわしは捉えております


普通に考えて、中国にしろ韓国にしろ、悪人ばかりの国であるならば、そもそも共同体として成立しうるはずがありません。どこの国にでも言えることですが、一枚岩の国なんてありはしませんよ



このあたり、「いいや、それでも反日を掲げて日本で犯罪行為を繰り返している中国人や朝鮮人がいるのは事実だ。いい中韓人がいるとしても少数だ。少数のために犯罪や侵略を容認するわけにはいかない」という反論を喰らいそうですな
(´・ω・`)


あのね、それはわしもわかってますの。犯罪や侵略には断固戦うべきだとも思うてますの


しかしながら、相手はすべて悪なのだ!と決めつける論調には、どうも違和感があるのです。だってそれは事実じゃないからね


昨日のエントリーでも「一方向に煽り立てる場合は『ウラがある』と認識すべきだ」と書きましたが、極論やヒステリックな主張というものは、何かと誰かに利用されやすいのですね。こういう言い方はカドが立つかもしれませんが、


左翼や反日が使うプロパガンダの手法を、右翼だけが使わないと考えるのはおかしい


と思うわけですよ


中には「日本を守るためならば多少の誇張もやむをえない」という考え方もあるかもしれませんが、それは放射脳と何も変わらんね。事実に基づいた主張や論調でなければ意味ないっすよ


フラットな考え方になるのはなかなか難しいものですが、少なくともイメージや感情と事実の区別はつけて考えるべきでしょう。そうでないと、また別の誰かの術中に陥っていくだけですわ



WOEPライブ情報

3月10日(土)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※anbaのソロ弾き語りです


3月25日(日)
心斎橋 The Cellar

13時OPEN 1500円/1drink込
※WOEPでの出演です!


4月22日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 1000円/要1drink
※ヒーローソング祭アゲインです!



関連記事
スポンサーサイト



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

Secre

No title

スピッツはみなアホや
シェパードはみな賢い

てなもんと一緒ですね

かつて新大久保の居酒屋で
かわいい中国人女子がバイトしてまして
彼女は日本が
日本の文化が好きで
数か月間
中国で日本語学校に通い
念願かなって日本に来たとか

どないしてるんだろうか?
あの彼女は・・・


そうなんですよ

特亜の傍若無人さや犯罪は容赦できませんが、
全部を悪と考えるのはちょっと違うなぁと

我が府のハシゲくんが愛国心や保守思想をダシにしてますが、
ああいうのを見ると、ステレオタイプのイメージ論に終始していては
利用されるだけやなぁと思うのです

在日

大阪人のイメージを悪くしてるのは某○ハンの広告塔和田アキ子こと金福子が元凶では? やってる事を見ていると。基本的に在日の振る舞いそのままでしょう『R&Bシンガーとしての自分があるのは在日としての出自が、だからレイ・チャールズは心の師…』なんて事ある毎に言ってますがアフリカから奴隷として連れて来られた祖先をルーツに持ち、いまだに『人種差別』を受けるアフリカン・アメリカンと済州島の白丁の家系で日本にやってきた帰化人(実の叔父がヤミ金業者として逮捕された時に自身に影響が及ばない為の工作に過ぎない)は全く違うものです。アフリカンアメリカンは『自分たちはアメリカ国民だから公民権をよこせ』 と言っていたのであり、数々の在日特権を持ちながら『外国人だが税金を払ってるから選挙権よこせ』なんて言ってません。在日をカミングアウトする芸能人が増えてきたり、テレビなどでの露出が多いのと民主党による売国政策が無関係と言えないのが怖いですね…

無関係ではありませんよ

民主党政権だからノコノコ出てくるようになってます。まぁでもカミングアウトした以上は引き返せませんからね、ある意味バルサンみたいなもんやと思うてますわw
プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ