FC2ブログ

シェクター

 
本日はギター弾きの方以外は面白くない内容かもです…(汗



シェクタ−1の、真ん中のピックアップ(弦の振動を拾うマイクのこと)の音が出なくなりました(汗。真ん中には同社のモンスタートーンを載せてありますが、これはもう生産終了間近とかいうウワサも流れてますので、オシャカになられては一大事!



中を開けてテスターで調べてみたところ、ピックアップ自体は生きてました(ほっ;。どうやら、ピックアップを切り替えるスイッチ(=PUセレクター/画像1の奥に見えるヤツ)がトラブってる模様。うーむ




やむなく、予備で置いてたFenderのパーツと交換しました。元に付けてたのは、米CRL社製の、いちおう「世界標準」といわれてるPUセレクターなんですが、こやつ、なんべん交換してるかわかりません



そんなに荒っぽく扱ってないはずですが、巷で言われているほど耐久性はよろしくないと思います。個人的には、国産のCRLモドキ(DM-30とかDM-50という型番のパーツ)の方が信頼できます。もうCRLは使わねーっす#




同じく「世界標準」とされている、ボリュームやトーン用のポット(=ポテンションメーター)大手である米CTS社のブツも、それほど耐久性がありません。ガリもよく出ますし、抵抗値の精度もアヤシイものが多かったです



なので、うちのギターの大半は、東京コスモス社製のポットにしています。金属ノブしか使えないのが難点ですが、使用感がエエですし、信頼性もあります。音質についても、わしの耳ではCTS製と差がないように思えます




そんなわけで、シェクタ−1の修理完了。このギターは、80年代半ばに大枚払ってオーダーした、いわゆるコンポギターです。何度かピックアップを載せ換えましたが、どれを載せても非常にキメ細かいシルキーな音を出してくれまして、実に気に入ってます



ただ、くそ重たいので、もうライブではあんまり使いたくないです orz



シェクターは、SCHECTER USAと銘打ってるものは別として、国内で流通しているモノの多くは国産品です。80年代はムーン製(PGMによる組み込み?)で、90年代に入るとESP製になったとか


参考:SCHECTERのサイト


80年代SHECTER USAのギターは、ヘッドのロゴがシール(デカール)ではなく、金属?プレートだ、との説もあります。んが、わしのシェクタ−1はそのプレートロゴが付いてますけど、たぶんPGM製です






ついでにシェクタ−2(じゅんぺいさんに頂いた方)の内部回路も、思い切って総交換しました



こちらはESP製の模様。まさか自分が超能力ギターを持つことになるとは(笑。じゅんぺいさんが「なんかカリカリした音しよんねん」と言うたはった原因も含め、超能力臭を出来る限り排除するため、電装パーツ類を徹底的に見直しました



パーツだけやなく、見た目も変えてみましたよ。パール柄のピックガードで、なんとなくセレブな気分ウフ♪(ぉぇww



どんな音になったかなぁ〜?と確認したかったのですが、さすがに深夜にサウンドチェックするわけにはいきませんので、今日はここまで。また明日〜♪


関連記事
スポンサーサイト



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


コメントの投稿

Secre

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ