FC2ブログ


ツイッターにて、


「文章にしても音楽にしても絵画にしてもそうだけど、オリジナリティや独自の作風というのは、山のような模倣をした結果出てくるものだよね(まれにそういう過程を経ない天才というのもいるけど)。そういう背景が感じ取れないただの逆張り的な独自性主張と一緒にするな」


というつぶやきがありました。原文にはどうでもいいハッシュタグが付いてましたんで、文章のみ引用させていただきます。ちなみに@ewa4618さんのツイートです


いやもう、おっしゃる通りですわ


模倣の部分は、つまりは基礎なわけですよ。音楽に限って言えば、膨大かつ幅広い楽曲に触れ、模倣し、研究し、置き換えて自分のものにしていくという過程です


「守破離」の「守」ですね


そこをちゃんと経ておかないと、オリジナル曲を作っても薄っぺらいというか、底が浅い曲になりがちなのです。幅も狭くて「みんな同じ曲じゃないのか?」と感じるほど引き出しが少ないですし


模倣の数をこなしても、好きが嵩じたのか何なのか、模倣元の劣化コピーで終わってしまってるヒトもおります。ちょっと前ならイングヴェイ・マルムスティーンの、最近の国内アコギ界隈では押尾コータローのそれが蔓延しとりますわ


ちなみに、ファンには怒られるだろうけど、イングヴェイはリッチー・ブラックモアの、押尾君はマイケル・ヘッジズの劣化コピーと言われてたことがありますw


結局のところ、そういうヒト達は音を追ってるだけで、音楽を追ってるわけじゃないのよね。おまけに聞いてる音楽の幅が狭い。そりゃ模倣で終わるわ


建築に例えるとわかりやすいです。狭い基礎の上には小さな家しか建てられません。基礎の1カ所だけ立派にしても、まともな家は建ちません。天守閣級の建物を乗せるのなら、入念な基礎作りが必要です


感性ってのも、その上にあって養われていくものでして、感性一発!とか初期衝動!とかに頼ってドヤ顔してるヤツは、そもそも音楽を舐めていると思います


舐めてるのもあるし、どう言えばエエのか、妙に「天才性」に夢を見過ぎなんですよ。自分の才能を信じるのは、そりゃそれでエエことではあるんだけど、わずかな努力でそれを引き出せると思うてる、あるいは当てにしてる感ありありでねぇ


とりわけロックの場合、ヘタウマが通用してしまうがゆえ、そこんところの勘違いさんが発生しがちです。まぁ不治の病ではないけれど、早めに治療した方がエエです


一方で、努力をしてない認識はあるのか、そういうヒトは虚勢を張るほどには自信は無いんだよね


しっかり音に出てますわよ
ヽ(´ー`)ノ





■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ