古都のひな鳥


焼け付くような陽射しの中、奈良公園あたりを歩いておりますと、頭上から何やらヒラヒラと落ちてきました


木の葉だろうと思ったのですが、その落ち方が生き物っぽかったので、近づいて見てみると…


2014073112450000.jpg


メジロのひな鳥でした
(・∀・)


巣から落ちてきたのか。ただ、近づくとピピッと鳴きながら50cmぐらいは飛ぶので、落ちたというよりも無謀な挑戦をしたのかもしれません


周囲を見渡しても親鳥の姿も鳴き声もなし。このままだと鹿に踏まれたりする危険もあるのですが、保護しようにも仕事中の身、さらに奈良。こりゃ弱ったなぁ


そもそもメジロは、保護はできるものの、飼っちゃいけない鳥なのね。法律で禁止されてるのですよ。たまに逮捕されてるオッサンもおりますがw


とりあえず道路の真ん中じゃなく、隅に寄せておいてあげるか。と思って手を伸ばし、はっと思い出しました


野鳥の中には、落ちた雛に人間が触れると、もう親鳥は助けに来ない種があるという話を。ひょっとしたら親鳥は、鳴き声を上げずに様子を伺ってるのかもしれません


ですので、カバンを使いながら、道の脇の目立たない場所に誘導してやりました。上の写真は誘導後に撮影したものです


お父さんとお母さんが迎えに来てくれるよ、と声をかけて、なんだか坊やのことを思い出してしまい、ちょっと切なくなった父ちゃん
(´・ω;`)


商談が済んだ後、同じ場所に行ってみますと、もうそこにメジロのひな鳥の姿はありませんでした。無事に巣に戻れたのならエエんですが


同じ古都でも、奈良は京都より地味なイメージだけれど、生き物感いっぱいで、子供の頃にタイムスリップしたような感覚に見舞われる街ですな


2014073113280000.jpg



WOEPライブ情報

2014年9月21日(日)
大阪市住吉区 朝日温泉

1詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト

表示義務


中国産腐敗肉の事件を受けて、外食の原産地表示義務づけへの動きが加速するようです


■ロイター:外食の原産地表示義務付け検討へ(2014/7/29)


加速すると書きましたのは、この動きは今に始まったものではなく、すでに今年の1月から始まってたものだからです。みなさま覚えておいででしょうか?農薬マラチオン混入事件を(→過去ログ参照)


ですので、今回の記事だけですと外食のみが対象のように見えてしまいますが、実際には食品(加工品含む)の製造者記載も義務づけるかどうか検討しておりますのよ


この動きに対応しようとしてか、製造者記載なしでお馴染みのイオンPB「トップバリュ」は、固有記号から製造所を検索できるシステムをWebに設けております


■TOPVALU:製造所固有記号検索システム


一部の商品の番号で試してみたけど、詳細がでるものと、おおざっぱにしか出ないものがありますな。まぁ一歩前進というところではありますが、偽装米事件で責任逃れした実績がございますので、製造者に責任を投げてるだけのようにも見えます


イオンもマクドナルドも「品質を保証する」と謳ってるのですから、製造所や原産地を表示しても、責任回避できるというわけではないんですがね。「だまされた」とか言うてる場合じゃないでしょうに


企業側が責任逃れをするのですから、消費者としましては購入回避が最善の自衛策となります。両社とも、世の動きと消費者を甘くみすぎてますわ


ただ、製造者や原産地表示の義務づけが徹底されたとして、果たして消費者はホンマに「選べるのか」という懸念はあります


というのも、外食産業にしろ加工食品にしろ、コストダウンのために中国産を使用しているケースが多々あると思われるからです。完全なるチャイナフリーを求めた場合、果たして外で(気軽に)メシを食うことは出来るのか?加工食品を(いままで通りの価格で)買うことが出来るのか?そういう懸念ね


いや、だから中国産を受け入れろとか言うてるんやないですよ。なんというか、価格は従来通りで比較的安全な国産を!というのは、残念ながら難しいと言うとるのです


「物には適正価格がある」というのはウチのオカンの信条でしたが、それを多くの消費者が理解できるかだわね。高いものはともかくとして、安いものにはそれなりの理由があります。中抜きしてないから安い!とかいう理屈は、すでにバブルの頃に滅んでますわ


安全も安心も無料じゃないもんね


まぁ裕福なご家庭は問題ないでしょうけど、月々の食費が気になる一般のご家庭の場合、なかなか高いハードルになってしまうかもしれません


とりあえず、避けるべき店は避けるというところですかね



WOEPライブ情報

2014年9月21日(日)
大阪市住吉区 朝日温泉

1詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

tag : イオン マクドナルド 表示義務

絵師


ナイ乳なので、ブラにメロンパンを入れて巨乳にしてる人がおります。あくまでも仮想空間でのお話ですがw


そんな設定の下、メロンパンをイメージした車の絵を描いてほしいなどという、果てしない無茶ぶりがわしにやってまいりました。アニメ制作の際にも書いてます通り、わしはデッサンも勉強したことがない人間でございます


絵を描くのん大変なんだすよ
(;´Д`)


しかしサービス精神旺盛なエンターテイナーでもありますので、ここはひとつモロ肌脱いで、じゃなくて、人肌に暖めて、じゃなくて、ひと肌脱いでみようやないですか


なんだかんだと言いながら、ベクターツール(いわゆるベジェ曲線)もちょくちょく使っておりますので、ちょっとだけ慣れてきております。しょっちゅうビヨ〜〜ンと、あらぬ方向へ線が行ったりしてますがw


ということで描いてみました



melon_car.jpg


参考にしたのはフィアットのバルケッタで、ブラのイメージをボンネット両側に配置してみました。わしには不似合いなぐらい、かわいく仕上がってしまったww


後ろ側も描いてくれという無茶ぶりも戴きました。戴きました


ということで描いてみました



melon_car2.jpg


やだかわいい
(;´Д`)ハァハァ


てなわけで、絵が苦手な分際で絵師になってしまったanbaです。おかしい、音楽屋のはずなのに


メロンカー、サンリオさんあたりが関連グッズ出してくれんかのぅw



WOEPライブ情報

2014年9月21日(日)
大阪市住吉区 朝日温泉

1詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


我、盲目的に万歳せず


いまさらながらですが、わしは日本に生まれてホンマに良かったと思うとります。開発の手は入ってるものの、いまだ風光明媚な自然も残り、千年近く前の史跡がそこら中にあり(特にわしの住む南大阪はそうです)、諸外国に比べて治安も利便性も良く、高度な技術の発達と情報の獲得しやすさがあり、とりあえず個人の自由も保障されているという


そんな国は世界中探しても無いと断言できます


この日本という国で日本人として生まれ育ち、我が子を育めているというのは、もうそれだけでありがたいことなのかもしれません。いやマジで


という前提で。だがしかし、


わしゃ盲目的に日本万歳!ではないのね。正しくは日本人万歳でもないと言うべきか


海外からは「礼儀正しい、ルールや秩序を守る日本人」と思われてることが多いものの、一昨日のエントリーのように、ルールやマナーを守らん連中はザラにおります


それ以外にも、放射脳やらサイコパスやら嘘つきやら踊りたがりがウヨウヨしてますやん。いくら清濁併せ持ってナンボといえど、あれらを心から歓迎できるほど、わしゃ人間が出来とらんのですわ


民度が高いっつってもさ、そりゃ平均的にの話であって、日本人のすべてが民度が高いわけでも無いです。また、ある面では非常に優秀でも、別の面ではクズのような日本人もおります


海外からの称賛は確かに嬉しいんだけど、当の日本人がそんなもん真に受けてどうするって話ですよ。自分の周りを見てみればわかりますやん。ホンマに「すべてが素晴らしい人達」なのか?ってことがさ


反日教の連中は論外として、めざめた日本人万歳()な連中もまた、どんだけ現実の日本の姿を見てるんだろうと思います


素晴らしい人間もいれば、クソもミソもカスもクズもいてる。それが現実の日本人であって、崇高な理想を持った自分達以外は愚民だとか、あるいは他国にいいようにやられてかわいそうな日本だとか、清く正しい心を持ったのが日本人だとか、そういう妄想はチラシの裏に書いとけって話です


どちら側の連中も、自分達の意に沿わない対象を排除することに嬉々としてるだけで、それを排除すれば世の中は良くなると盲信してるんとちゃいますか。んなわけないやろ


あー、ここではあくまでも日本人の話をしてるのであって、外国人は関係ないことです。シャベツだとか生活保護が必要だとかぬかす外国人は祖国に帰りなさい。海外で生きるってのは、そんなに甘っちょろいことじゃないですよ


あとねー、日本人だから信用できるとか、マナーを守ってくれるはずだとかの「だろう(勝手な期待)」はあきません。疑心暗鬼になれというわけじゃないけれど、日本人にもいろんなヒトがいるという前提でいないとね


それが自身や大切な人の安全を守ることにもつながりますから



WOEPライブ情報

2014年9月21日(日)
大阪市住吉区 朝日温泉

1詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


費用対効果


連日の熱帯夜も、今夜は一段落のようです。明け方に暑さのあまり目が覚めて、その日はずっと眠くてたまらんという状態から脱出できるのならありがたいのですが


このクソ暑さで電力供給の綱渡りが続いておりますゆえ、そっち方面でもひと息つければと思うとります。マスメディアさんもアレですよ、いっそ27時間停波とかやってさ、社会貢献すればエエんじゃないのかね(鼻ホジ


テレビや新聞の影響力が急速に低下している昨今、付き合わされるスポンサーも大変だねぇと思います


付き合わされてるんじゃなく、企業側が宣伝のために金出してるだけじゃん!というお声もあるでしょうが、すべてがそういうわけでもなく、ある種の「しがらみ」で付き合ってる企業もあるのですよ


ただ、しがらみがあるにしても、つまらん番組のスポンサーであるがゆえに、視聴者から猛抗議を受けたり、さらには不買なんてやられた日にゃ、何のために金出しとるんやという感じですわな


花王さんなんか、よく株主から文句出ないもんだと思いますよ。出てるのかもしれないけれど、全体的に収益出とりゃ文句なかろう?という企業姿勢なのかしら。まぁそれはそれで正しいんだけど


それ以前に、地上波テレビや新聞でCMを打って、その費用対効果ってのは如何なものなんですかね?


少なくとも十年前よりは遥かに落ちてるように思うのですが


広告打つとなると、枠によってはかなりの高額となります。帯であればなおのこと。高い金を出して得られる効果が落ちていってるのなら、無意味とまでは言わないけれど、スポンサー側もそれなりに戦略変更すべきでしょう


実際、テレビ新聞への広告宣伝費を大幅に削った企業もちらほらあります。かつては、そういう企業に対して「いやがらせ」をしていたマスメディアですが、影響力低下とともに離脱していく企業数が増えれば、その手も使えないわけでね


そもそもマスメディア自体が反社会勢力と関係あったりしますと、自動的にスポンサーは離れていくことになります。十年前とは法が違いましてな
(゚∀゚)


健全なスポンサー企業のみなさまにおかれましては、巻き添えを食らわんうちに撤退するのが吉かと存じます。いやマジで



WOEPライブ情報

2014年9月21日(日)
大阪市住吉区 朝日温泉

1詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
アクセス
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ