FC2ブログ

攻めの営業


とても興味深い記事なので、音楽関係者はもとより、音楽好きな方々にはぜひ読んでいただきたいのがコレ



■All Digotal Music:英ロックバンドのアイアン・メイデン、ビッグデータを活用したユニークな手法で違法ダウンロードに対処(2013.12.26)


NWOHM(ニューウェイブオブヘヴィメタル:死語)の雄であるアイアンメイデンも、違法ダウンロードの多さに頭を抱えておりました。しかし彼らは違法ダウンロードユーザーを提訴するのではなく、どこでその行為が多いかをビッグデータを元に調べ、その国々でライブをするという選択をしたのでした


結果は大成功。メイデンは大きな収益を上げ、ファン層を拡大したのであります。やるな!アイアンメイデン!


なんというかね、これは「攻めの営業」ですわな。ある種の賭けでもあったと思うのですが、違法ダウンロードの多さに「その向こうにはファンになる人がいる」という読みもあったのかもしれません


利権だけ守って音楽業界を萎縮させていってるどこぞのカスラックには、到底出来んワザですわ


まぁ守るということも確かに大事なのですよ。しかしながら、単に守ってるだけならば、まずパイの奪い合いになり、さらに市場の縮小に付いていけなくなるのです


カスラックや一部の音楽屋は、それをリスナーのせいにしとるわけです。違法DLのみならず、パソコンやハードディスクにもカスラック税をとか、音楽をわからない連中が増えたとか、聞かない連中が増えたとか言うてさ


つまんないもんを聞きたがるヤツはおらんだろ
ヽ(´ー`)ノ


実際のところ、市場はともかくとして、音楽そのものはリスナー、ユーザーが思い思いに楽しんでおります。音楽をわからないわけじゃないし、聞かないわけでもないのね


あれか、やはり頭ん中が1960年代ぐらいで止まったままなのか。もうちょっとオマケして、1990年代の絶頂期で止まったままなのか


前にも書いてますように、歌は世につれ世は歌につれ、なのに世の流れについていけないのであれば、そんな団体は不要ということになります。音楽屋の場合は、まぁ世の流れと外れたところにもニーズがあったりしますので、その限りではありませんが


それでもなぁ、伝統芸能をやってるのならともかく、守ってるばかりの音楽なんて面白くもクソもないと思うんだけどね


ライブハウスの低迷にしても、根本は似たようなものでしょう。お客さんに夢を見せる商売のはずが、過去の成功体験にとらわれ、自分達が白昼夢を見てるわけだかんね


ま、ウチらは好きなようにボチボチやらしてもらいますわ


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ