FC2ブログ

脱力


本日は酷い頭痛ペインに悩まされております。さっきナロンエース飲んだけど効くかなぁ
(´・ω・`)


ということでブログをお休み…したいところなんですが、最近お休みが多いので、転載でお茶を濁そうかと思いまふw


よそ様のを拝借するのではありません。一時期WOEPサイトで、この男前日記と並行して不定期連載していた「ギター裏街道」というコラムの2005年9月分からでございます。ではどうぞ♪



20050907『脱力』

かなしいことに、わしの手はかなり小さい。ぶっちゃけ言うと、自分より手の小さい男のギター弾きに会うたコトがないぐらいです(涙。この手のおかげで、それはそれは幾多の苦労がございました(回想・・・


たとえば、人並みの手なら簡単に届くようなポジショニングも、手が小さければ難しい。相当速く移動させへんと追いつきませんねん。指を思いっきり開く、いわゆるワイドストレッチをやっても、届く範囲は知れているのです。親指を常時ネックの上から出してやるコードソロなんぞ、どう考えてもムリ


まぁつまり、物理的に不可能な奏法が、普通の方々よりも多々あるわけでして・・・。


当然のことながら、ピアノになると、さらにムリ度がアップ。言うてみればわしの手は、楽器演奏には向いてへんような手ぇなんですわ
orz


しかし、それであきらめないのがロッキンローラー。幾多の試練があるのなら、幾多の工夫をすればエエ。をモットーに、小さい手&短い指でも、人並みにギターが弾けるよう、ありとあらゆる工夫をしてきました。おかげで、まぁとりあえず人並みには弾けております


その過程で、おそらく手の大きい独学ギター弾き連中よりも早い段階で気付いたのが「脱力」。なんせ手が小さい分、他人様よりもスムースに動かさんなあきません。それがゆえに早めに気付いたワケですよ


「脱力」とは、演奏において、いかに余計な力を抜くか、ってコトですな。あ、手抜きとはちゃいまっせ(笑


武道でいうところの「心・技・体」のうちの「体」に当たるのが、この「脱力」。武道や楽器演奏だけやなく、スポーツや絵画・工芸など、ありとあらゆる分野に適用されますな


実のところ、この「脱力」は、楽器演奏を学ぶ上での、1つの大きなカギとなっているのです


ギター演奏で考えてみましょう。初心者は、よくネックをギュッと握り、指先に「これでもか!」と言わんばかりに力を入れて弦を押さえようとしますが、その状態で、果たしてスムースな演奏が出来るでしょうか?


答えはもちろん「ノー」。筋肉は力を入れると硬直します。試しに腕に思いっきり力を入れてみなはれ。力を抜かず、そのままの状態で動かしてみそ?まぁマトモに動きませんわな(笑


ムリに動かそうとすれば、関節やら何やらを痛めかねません。硬直した筋肉に、スムースな動きを要求するのは、なおさらムリというものです


ゆえに「脱力」が必要


初心者の例はチト大袈裟ですが、自称「上級者」でも、脱力が出来てへん人は結構多い。適切な力で弾くということを、あんまり意識してへんのかもね。ま、それに重点を置いて書いてる本も少ねぇし、教えてるところも少ないもんね。どっちかいうと「経験則」の世界やし


ただ、早い段階で「脱力」を意識しておくと、習得のスピードが格段に上がります。加えて、よっぽどな量の練習さえしなければ、まず指や手を痛めることはありません


先に書いたように、硬直した筋肉をムリに動かそうとすれば、必ず筋肉を痛めることになります。上達するつもりで練習してたのに、結果的には指を痛めるだけやった。ってのは、泣くに泣けん。ちなみにわしは、これまで随分とギターを弾いてきましたが、一度もギターで指を痛めたことはないよ(いわゆる腱鞘炎などで)


ギターの演奏には、思ったほど強い力を必要としません。もちろん、連続した速いカッティングやフィンガリングをするには、それ相応の筋力も必要です。しかし、そういった特殊なケースを除けば、それほど力はいらんのよね


わしの場合やと、左手は、押弦している指先の爪が白っぽくならん程度。右手は、ピックを「つかむ」というよりは、指先に「乗せている」程度の力しか使ってまへん。やってみるとわかりますが、爪先は、ちょっとの力ですぐ白っぽくなるのです。軽い力でもオッケーなんですよ


自分が「脱力」できてるかどうか?簡単なチェック方法として、以下の2つが挙げられる。
 
 
■左手:ネックから親指を離しても、スケール弾きが出来るか?
■右手:ボディから手を離しても、各弦の弾き分けが出来るか?



これらは、いわゆる「支点」をハズしても弾けるかどうか、というチェックです。つまり、一般に言われている「支点」だけが、「支点」ではない、というコトになります。ここが脱力のヒントね


そしてもう1つ。精神面での「脱力」も必要。


緊張する、イコール、筋肉に力が入るワケで、こりゃ「脱力」を阻害する原因になってしまいます。「練習ではうまくいくのに、なぜか本番ではアカン」という人は、緊張して「力んでいる」というのが、その原因の1つになってるのです


人前で演奏するのに「緊張するな!」というのはムリな注文ですが、出来うる限り、リラックス状態に近づけた方がよろしい

 
こっちは、「体」よりも「心」の方になるんですが、まぁアレやね。やっぱ実戦&経験を積み重ねていくことでしょうな。膨大な練習で養った自信も必要ですが、いつまでも本番で本来の力を発揮でけへんというのは、ちょいとツライもんがある。練習→実戦→フィードバックの繰り返しで、緊張は緩和していくことが出来る。がんばっていきまっしょい!




それではおやすみなさい
_ノ乙(、ン、)_


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ