FC2ブログ

脱力


本日は酷い頭痛ペインに悩まされております。さっきナロンエース飲んだけど効くかなぁ
(´・ω・`)


ということでブログをお休み…したいところなんですが、最近お休みが多いので、転載でお茶を濁そうかと思いまふw


よそ様のを拝借するのではありません。一時期WOEPサイトで、この男前日記と並行して不定期連載していた「ギター裏街道」というコラムの2005年9月分からでございます。ではどうぞ♪



20050907『脱力』

かなしいことに、わしの手はかなり小さい。ぶっちゃけ言うと、自分より手の小さい男のギター弾きに会うたコトがないぐらいです(涙。この手のおかげで、それはそれは幾多の苦労がございました(回想・・・


たとえば、人並みの手なら簡単に届くようなポジショニングも、手が小さければ難しい。相当速く移動させへんと追いつきませんねん。指を思いっきり開く、いわゆるワイドストレッチをやっても、届く範囲は知れているのです。親指を常時ネックの上から出してやるコードソロなんぞ、どう考えてもムリ


まぁつまり、物理的に不可能な奏法が、普通の方々よりも多々あるわけでして・・・。


当然のことながら、ピアノになると、さらにムリ度がアップ。言うてみればわしの手は、楽器演奏には向いてへんような手ぇなんですわ
orz


しかし、それであきらめないのがロッキンローラー。幾多の試練があるのなら、幾多の工夫をすればエエ。をモットーに、小さい手&短い指でも、人並みにギターが弾けるよう、ありとあらゆる工夫をしてきました。おかげで、まぁとりあえず人並みには弾けております


その過程で、おそらく手の大きい独学ギター弾き連中よりも早い段階で気付いたのが「脱力」。なんせ手が小さい分、他人様よりもスムースに動かさんなあきません。それがゆえに早めに気付いたワケですよ


「脱力」とは、演奏において、いかに余計な力を抜くか、ってコトですな。あ、手抜きとはちゃいまっせ(笑


武道でいうところの「心・技・体」のうちの「体」に当たるのが、この「脱力」。武道や楽器演奏だけやなく、スポーツや絵画・工芸など、ありとあらゆる分野に適用されますな


実のところ、この「脱力」は、楽器演奏を学ぶ上での、1つの大きなカギとなっているのです


ギター演奏で考えてみましょう。初心者は、よくネックをギュッと握り、指先に「これでもか!」と言わんばかりに力を入れて弦を押さえようとしますが、その状態で、果たしてスムースな演奏が出来るでしょうか?


答えはもちろん「ノー」。筋肉は力を入れると硬直します。試しに腕に思いっきり力を入れてみなはれ。力を抜かず、そのままの状態で動かしてみそ?まぁマトモに動きませんわな(笑


ムリに動かそうとすれば、関節やら何やらを痛めかねません。硬直した筋肉に、スムースな動きを要求するのは、なおさらムリというものです


ゆえに「脱力」が必要


初心者の例はチト大袈裟ですが、自称「上級者」でも、脱力が出来てへん人は結構多い。適切な力で弾くということを、あんまり意識してへんのかもね。ま、それに重点を置いて書いてる本も少ねぇし、教えてるところも少ないもんね。どっちかいうと「経験則」の世界やし


ただ、早い段階で「脱力」を意識しておくと、習得のスピードが格段に上がります。加えて、よっぽどな量の練習さえしなければ、まず指や手を痛めることはありません


先に書いたように、硬直した筋肉をムリに動かそうとすれば、必ず筋肉を痛めることになります。上達するつもりで練習してたのに、結果的には指を痛めるだけやった。ってのは、泣くに泣けん。ちなみにわしは、これまで随分とギターを弾いてきましたが、一度もギターで指を痛めたことはないよ(いわゆる腱鞘炎などで)


ギターの演奏には、思ったほど強い力を必要としません。もちろん、連続した速いカッティングやフィンガリングをするには、それ相応の筋力も必要です。しかし、そういった特殊なケースを除けば、それほど力はいらんのよね


わしの場合やと、左手は、押弦している指先の爪が白っぽくならん程度。右手は、ピックを「つかむ」というよりは、指先に「乗せている」程度の力しか使ってまへん。やってみるとわかりますが、爪先は、ちょっとの力ですぐ白っぽくなるのです。軽い力でもオッケーなんですよ


自分が「脱力」できてるかどうか?簡単なチェック方法として、以下の2つが挙げられる。
 
 
■左手:ネックから親指を離しても、スケール弾きが出来るか?
■右手:ボディから手を離しても、各弦の弾き分けが出来るか?



これらは、いわゆる「支点」をハズしても弾けるかどうか、というチェックです。つまり、一般に言われている「支点」だけが、「支点」ではない、というコトになります。ここが脱力のヒントね


そしてもう1つ。精神面での「脱力」も必要。


緊張する、イコール、筋肉に力が入るワケで、こりゃ「脱力」を阻害する原因になってしまいます。「練習ではうまくいくのに、なぜか本番ではアカン」という人は、緊張して「力んでいる」というのが、その原因の1つになってるのです


人前で演奏するのに「緊張するな!」というのはムリな注文ですが、出来うる限り、リラックス状態に近づけた方がよろしい

 
こっちは、「体」よりも「心」の方になるんですが、まぁアレやね。やっぱ実戦&経験を積み重ねていくことでしょうな。膨大な練習で養った自信も必要ですが、いつまでも本番で本来の力を発揮でけへんというのは、ちょいとツライもんがある。練習→実戦→フィードバックの繰り返しで、緊張は緩和していくことが出来る。がんばっていきまっしょい!




それではおやすみなさい
_ノ乙(、ン、)_


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

日本再考の動き


我が家が使うてるプロバイダはOCNでして、時々内容の薄いメルマガを送ってきよります。ポイント交換以外は興味ないので、ほとんど読まずにポイしてますわ


しかし、そのメルマガが新しくなるという案内が来ましてね。『ニホチカ』というタイトルで、


>「ニホンのチカラ発見マガジン」をコンセプトに「日本」のモノ・ヒトのチカラをご紹介していくメールマガジンです。
日本をテーマに、世代・性別を問わずどなたでも楽しんでいただける、読み応えのあるメールマガジンとなっております。



なんやそうです。日本の力をわざわざカタカナ表記にして略すことも無いと思うんですが、まぁエエでしょう。ネット上には似た名称のサイトもあることですし、略して個性を出したということにしておきます


ただ、目の付けどころはエエと思うのです


東日本大震災があったためか、民主党政権で似非サヨクの欺瞞が露呈したせいか、はたまた捏造史観・自虐史観のウソがバレて周知されてきたせいか、「いまいちど日本を見つめ直そう」という動きが確かに現われつつありますからね


これまでも「世界で活躍する日本人」的な番組はありましたが、それとはまた違うのです。世界で活躍〜のは、ダメダメといわれている日本人でも、こんな活躍してる人もいるんだ!という、なんというか、ネガティブな中の特例的なイメージもあったんですね


ところが今回の「日本再考」の動きは、特定のヒーローを持ち上げるのではなく、日本に普遍的にある良さを見つめ直したり、日本とは何ぞや?みたいな根源的な問いであったりと、内観的でありつつも、上や外へ向くための準備のように思うのです


戦後70年近く経って、ようやくまともな価値観を得ようとしているのか。まぁまだ動きがあるというだけで、定着するかは未知数ですけどね


ぶっちゃけグローバリズムやら国際化やら言うてみても、自国を卑下し、地に足ついてない人間なんて脆いもんですよ。いくら外国賛辞してみたところで、自国を語れない根無し草は信用されませんし、腹の中でバカにされるだけですわ


世界と戦える日本人になるためには、やはり自国のことを知っておかねばなりません


ナショナリズム(国家主義、国粋主義、民族主義等々)とは違いますし、パトリオティズム(地縁的な愛国主義)ともちょっと違う。己の立ち位置を知る、そんな感じですね


ですので、日本万歳!だけしてりゃエエってもんじゃないのね。それは単なるアホウですわ、どこぞの国と変わらん。じゃなくて、日本の良さを知って自信を持つと同時に、日本の問題点も知っておく必要があると思うのですよ



これはお恥ずかしい話なんですが、わしが海外放浪していた頃、よく「日本ってどんな国なんだ?」と聞かれましてね。それにうまく答えることが出来なかったのです


自分の国なのにわからないの?と、半ばあきれ顔で見られたものですわ。いやホンマ、思い出すだけでも恥ずかしい
_ノ乙(、ン、)_


そりゃこんな日本人ばかりだと、ウソやら捏造でも自信ありげに大声で拡散するヤツの方が「本物」と勘違いされたりもしますわな。似非サヨクをのさばらせたのは、不勉強なわしらの責任でもあるかもしれません



来年になると、この動きはもう少し拡大していくことでしょう。おそらくメディアの論調も急激に変わると思われますので、それが拡大を加速させるかもしれません


ただのお祭り騒ぎじゃなくてね、地に足つけた「日本再考」が広がるとエエなぁと思うてます


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

慌ただしい予感


2013年もあと半月ほどで暮れようとしております。坊やの育児に追われたり転職もあったりで、今年はまさに光陰矢の如しでしたわ。まだ終わってないけど


この時期よくあるネタに「ついこの前『あけましておめでとう』って言うたばっかりやん」というのがありますが、我が家はまさにその感覚。しかし坊やの成長・変化を見てる分、時間が経過したことがわかるだけマシか


似たようなものに、2000年なんてついこの前じゃん!というのがあります。その通りだとお考えのアナタ、お年を召されたようですなww


というのも、2000年に16歳のピチピチ高校1年生だった子が、来年には30歳になるんですよ。それだけの長い時間が経っとるわけです。時間の魔法、おそるべし
(;´Д`)


さて、過去がそうであるように、遠い未来のことだと思うてたことが、いつの間にか目前に迫ってきてたということも多々あります


北東アジア情勢なんてその最たるものでしょう。十年前ですと、中国と軍事衝突があるかもしれないなんて話をしても、将来的にはあるかもしれんなぁってな答えが大半でしたが、いまじゃ差し迫りつつありますもんね


わしゃ基本的に戦争には反対なのです。相手方のみならず、こちらにも確実に被害や犠牲が出ますからね。二つ返事でレッツゴーなんて言えるわけがない


ゆえに戦争を避けるために、あんなことやこんなことをするのが政治であり、外交やと思うとります。相手と話し合うだけが能じゃなく、いろんな手段を使う必要があるのね。そういう意味では安倍政権はエエ仕事をしてるのやないでしょうか


などと書くと「anbaはネトウヨ」とか「安倍極右政権がアジアの安定を乱してるるるr!」などと言うヒトが現われます。前者はともかくとしてw、後者はいったい何なの?


わしは別に安倍ちゃんを全肯定しとりませんし、そもそも0か100かなんてアホな決めつけもいたしません。普通に事実を見て判断してるだけですよ


というか、そういうヒトの言うアジアってどのアジアなのかね?ASEAN諸国はむしろ現政権を歓迎しとるのだが


まぁ主観や感情で物事を見ると、事実も歪んで見えるのかもしれません。あるいは中国と商売してるヒトなんかは、単純に利益のジャマやと思うてるのでしょう


いずれにしても、やってることは中共の代弁者だわね。大便者と言い換えてもいい


そういう連中がいくら声高に叫ぼうが、残念ながらひと昔前と違って「笛吹けど踊らず」状態になってますわ。例の毒ギョーザ事件以来、中国への不信は根強いですし、民主党政権の酷さから、左派や特定アジア擁護者への風当たりもキツくなってますからね


友好も結構なんだけれど、相手に媚びへつらったり、かしずくことが友好じゃないのよ。中国のみならず、特定アジア擁護者の多くは、そこんところを論拠にしてるのが間違ってると思うのです。お花畑と揶揄されてもしゃあないで
('A`)


とにもかくにも、来年はいろいろと慌ただしい一年になりそうですわ


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済


わしはいちおう大学は出ておりますが、だからと言うて自分に学があるとは思うとりません。そりゃ経済学の基礎みたいなものは学んでますけど、実践できなきゃ意味ないですしおすし


学校で学んだものよりも、社会に出てから現場で身に付けた知識、あるいは経験で補完したものの方が多く、また役に立ってます。それを「学」と呼ぶのかどうか、自分ではちょいとわかりませぬ


というかね、知識という意味での「学」ならば、後付けでどうとでもなると思うのです。年を取るとアタマが固くなるので難しいとされますが、本人のやる気次第じゃないっすかね。80歳でもスマホいじってる人もいるわけですし


わしなんかこの歳で異業種に転職しましたので、イチから物事を覚えていかにゃなりません。アタマが固くなってきたとか言い訳しても、誰もあたたかい目で見てくれませんわ
_ノ乙(、ン、)_


知識を身に付けたいけど、何から手をつけてエエのかわかれへん。というヒトもいてます。ぶっちゃけ甘えてると思う。ガイドが居ないと旅行ができない、と言うてるようなもんです。やる気の無さを状況のせいにするのはアカンですよ


逆に知識ばかり集めてるヒトもおります。まぁ探究心旺盛なのはエエのです。しかしながら、ヘタに知識があると自負しているせいか、他者を見下すような態度のヒトも少なくありません


ああいうの見てると、あーこのヒトは知識はあるけど、それを使いこなす知性は無いんだ、と思うてしまいますわ


なんというか、スケール練習みたいなギターソロを延々と弾いてるというか、そんな感じね。そんなハッタリに騙されるヒト達には有効なんだろうけどさ、音楽的には浅いから1曲でお腹いっぱいというか飽きるんだよね


さしずめ演奏技術コレクターというところか。知識や技術は表現のための手段であって、それを収集したから知性や音楽性が高まるかといえば、そうじゃないのですよ。あくまでも入口に立ったというだけの話でして


いや、そりゃ知識も情報も技術も、多いにこしたことはないのです。その上でそれらを使いこなすことが出来るのなら、まさに鬼に金棒状態ですから


もちろん知性や音楽性には天賦の才能みたいなものもあるでしょう。わしのような一般人がそんなものを求めても仕方ないので、では、どのようにしてそれらを身に付けていけばエエのかを考えねばなりません


実はその「考える」という行為こそが「学」ではないかと思うのです


たとえば手持ちの知識も情報の量も少ない、けれど紆余曲折しながらも筋道立てて考えてるうちに、膨大な情報量を持ってるヒト達よりも、遥かに早く正論に近づけることがあります。ここで言うところの正論とは、現実的であり、なおかつネガティブではない話のことね


知識コレクターは、なぜか精査・検証のプロセスが甘いのです。だからダブルスタンダードに陥りやすいのね。考えているようで考えてない、そんな感じですわ


世の中ってのは白か黒か、0か100かといった、そんな単純な構造はしておりません。ゆえに、知識だけで判断すると見誤ること多々ありなのです


学は止まっているものじゃなく、もっと動的なものだと思うんですよ。経験を積み重ねつつ、「学」していけばエエんじゃないかなぁ


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

適度な熱


先月以来、ずっと風邪をひいております。坊やが保育園でいろいろもらってくるのもあって、いったん罹ると長引くのです。これで3タイプ目だと思う。「私はたぶん3人目だと思うから(CV:林原めぐみ)」
_ノ乙(、ン、)_


しかも今回のヤツはしつこい。まず鼻が酷くやられます。次に目が酷く充血します。そして今は喉の痛みがやってきました。ここまで症状が分散する風邪も久しぶりですわ


そして、なぜか熱はほとんど出ないのです。ホンマに風邪か?PM2.5とやらにピンポイントでやられたんではないのか?とすら思うてしまいます


まぁ疲れや寝不足もあるのでしょうけど、この「熱が出ない」ってのもアカンのかもしれません。ウイルスに快適な環境を与えてしまうことになりますもんね


あんまり高熱だと厄介ですが、適度な熱は必要なんでしょうな。がんばれ!わしの白血球!
(;´Д`)



さて、社会においても同じことが言えます



無関心さは、一見クールなように思えますが、結局のところ何もしてないわけね。もっと言うなら、自分は責任を負いたくない、誰かがやってくれるさと、他人に責任を転嫁して依存してるようなもんですよ


仕事然り、政治然り、経済然り。何度も書いてますが、どれも「どっかのエライ人達が勝手にやってるもの」ではなく、本来は日々の生活に非常に密着したものであり、また、自分事なんですね


自分事に無関心というのも、なんだかおかしな話です


何もしないことによって、実際にはウイルスがはびこることを許しているのですわ。沈黙の幇助って感じか。無関心はカッコ悪いどころか「悪」にもなりかねんわけです


ただ、最近はネットによる情報伝達もあって、関心を持つ人がずいぶん増えてきました。一定のレベルの情報をコンセンサスとしている面もあります。エエことですね。やはり社会も「ある程度の熱」を帯びにゃならんと思うので


個人的にはこれぐらいの熱が丁度エエなぁ。自分からノコノコとあぶりされに来るアホウもぎょうさん出てきましたしw


あんまり激しく熱くなると、かえって自分の身体を損傷することになりますやん。ウイルスや雑菌を追い出すことが目的なのに、相打ちになったらアカンでしょ


中には「少々の犠牲はやむをえないから即座にアイツラを叩きだせ!」と勇ましいことを言うてるヒトもおります。そういうのは自分事じゃないと思うてるから言えるんじゃね?


他の人々にもそれぞれの暮らしがあり、仕事があり、家族や友人がいるのです。マンガやゲームじゃないんだから、死んだら生き返ることはありません。少々の犠牲はやむをえないとか、想像力が欠如してるとしか思えんわ


よしんばそのヒト自身も散る覚悟があったとして、そんなアホな玉砕精神にわしらが付き合う必要性は無いですね。いかに被害を少なくして勝つか、それが基本であり、防衛というものなんだからね


適度な熱がよろしいのです


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ