FC2ブログ

リフレイン


養成講座への違和感」でも書いた通り、わしはシンガーソングライター養成講座や作詞作曲教室の類には懐疑的です。あれは劣化コピーしか生まないでしょう


しかし世の中には「どうやったらエエ曲が書けるのか」について悩むヒトも多いと聞きます。いや、たくさん曲を聞けばいいんじゃね?という回答ではダメなようで、具体的な手法を知りたいのやとか


そんなメソッドがあるのなら、すでに世界中がエエ曲だらけになってるはずなんですよ。つまり、そんなものは無いのです。おしまい


で終わってしまっては愛想が無いので、それでは印象に残りやすい楽曲を作るポイントは何なのか?について少々お話をば


これはもう、先人達の名曲が物語っておりまして、ズバリ「リフレインを効果的に使うこと」なんですね


サビであったり特定ワードであったりキメであったり、耳に残りやすい箇所を"さらに耳に残るように"繰り返すわけです。反復は刷り込みの基本ですからな


ロックの場合は(しつこいほどに繰り返される)ギターリフが、まず頭に浮かびます。ファンには申し訳ないのですが、Deep Purpleの「Smoke on the water」なんて、あのギターリフこそが命ですわ。歌メロそのものは格段に秀でてると思えないですし


クラシックやジャズですと「テーマ」に相当しますかね。テーマやリフのバリエーションで曲をふくらませていくのは、両ジャンルの定番ともいえる手法です


また、厳密にはリフレインではないのですが、メロディーラインの音程構造やリズム配置を似せることで、疑似リフレイン効果を出すという手法もありますね。童謡などはこの手法で作られているものが多いのです


もちろん、なんでもかんでも繰り返しゃエエってもんでもありませんから、そこはセンスと表現力が問われるのは言うまでもないことです。あくまでも経験則ですが、リフレインの1パターンは短めの方が耳には残りやすいかと


逆に、リフレインの極端に少ない曲は「覚えにくい」「どこが盛り上がりだかよくわからない」などという評価を受けやすいです。それでも耳に残すような楽曲は、構成力のレベルが相当に高いのでしょう


まぁわしのような凡才は、いかにナイスなリフレインを組み込むかに注力した方が、エエ感じの曲になりますわ。リフの排除や敬遠なんぞ、わざわざする必要も無いですから


そんなわけで、曲作りに悩んでるという方は、一度「耳にこびりつくようなリフレイン」に主眼を置いて作ってみると面白いかもしれませんよ



WOEPライブ情報

2013年10月19日(土)
岸里玉出 CROSSROAD

19時開演
※アコWOEPです!


2013年11月16日(土)
アメリカ村 音呑庵

詳細調整中
※アコWOEPです!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 音楽的ひとりごと
ジャンル : 音楽

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ