FC2ブログ

アホ言うやつがアホ


優先順位」でも書きましたように、朝日、毎日変態、日経新聞らを筆頭に、国内主要メディアは「中韓のご意向を無視するんじゃない!日本は世界から孤立するぞ!」などという論調なんですが、


果たして現実はどうなんでしょうね



■時事通信:中韓の財務相が欠席=ASEAN・日中韓会議(2013.5.3)


閣僚の靖国参拝に反発して、という見方がされてますな。それで対日圧力をかけたつもりかもしれませんが、いまだに古い手法が通用すると考えているところがおバカさんであります。中韓が欠席してくれたおかげで、このような事案もスムースに



■日本経済新聞:年内にも通貨交換協定 日本、ASEAN5カ国と(2013.5.3)


経済破綻間際な韓国なんぞ、喉から手が出るほど欲しい通貨スワップ協定でしょう。しかし韓国が居ると「ウリナラだけ最恵国待遇にするニダ」とか面倒なことになるので、欠席してくれて大助かり。中国も然り


ちなみに、中国はバブル崩壊と「世界の工場」の終焉で経済に暗雲ありまくり、韓国は「お前はすでに死んでいる」な経済状況。両国とも何とかして日本から金を引き出したいものの、麻生"財務相"が靖国参拝したもんだから、金の話が出来ずで「ぐぬぬ…」状態なのよね


意図してかどうかはわかりませんが、推移だけ見てますと、靖国を外交カードとして使うてるのは日本側ということになります。それも、バリアであつつ攻撃もするというカードですね


近年は「ASEAN+3」とかいいまして、ASEAN(東南アジア諸国連合)に日中韓の3カ国を加えた形で会議等が進められていたのですが、中韓が自ら欠席してくれたおかげで、本来のASEANとして機能することになるのもエエ展開です


でも日本は参加したままだから「ASEAN+1」じゃないの?と思われるかもしれません。まぁ名付けるならそうなるんですけど、ASEANの秘めたるコンセプトを知れば、わざわざそんな名を付ける必要など無いことがわかるかと思います


秘めたるコンセプトってのはチト大げさだったか。とりあえずASEANの旗をご覧いただきましょう



ASEAN_flag.jpg



旗地のブルーは、おそらく海を表しているのでしょう。ASEANの加盟国は10カ国で、真ん中にある黄色いラインの数はそれに合わせて10本です。そして、その10本のラインはすべて


日の丸の中にあるのです


そういうことなんすよ。もともと中韓なんかお呼びじゃなかったわけです。日本を含めたASEANってのが本来の姿なのね


さて、ここで問題です。少なくともASEAN10カ国とタッグを組む日本、そして離れていく中韓2カ国、どちらが孤立してるのでしょうか?


ちなみにASEANの10カ国で中韓の経済力に十分対抗しうるものがありますよ。潜在的成長力を加味すれば、終わりゆく経済の中韓よりも遥かに有利でしょう


日本が孤立化!という報道や社説は、中韓の論調とまったく同じなのが笑えます。実際には、孤立していくぞ!とか言うとるやつが孤立していっとんねん。アホ言うやつがアホなんと一緒やな


マスゴミさん、あんたらも一緒やで


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ