FC2ブログ

外道照身 霊波光線


特撮ファンにはお馴染み、レインボーマン、コンドールマン、いわゆる川内康範三部作の3作目が「光の戦士 ダイヤモンド・アイ」であります


ダイヤモンドアイは「前世魔人」という敵と戦うのですが、この前世魔人は人間に化ける能力を持っとるんですね


で、ダイヤモンドアイは「外道照身 霊波光線」と両目からビームを出し、前世魔人の正体を暴き、人間への変身を強制的に解除してしまうのです。こんな具合に



Diamond_eye.jpg


なんかねぇ、民主党政権になってから、特に3.11以降、この外道照身霊波光線が日本中に照射されてるんじゃないかと思ってしまうのですわ。各方面、自壊や自滅する連中も含めて、化けの皮がどんどん剥がれていってるでしょ?


弊Blogでも再三「人間は危機や問題に直面した時、その本質や本性が現れる」などと書いてきましたが、それにしても現れ方が露骨というか稚拙というか、お前らもうちょっとウマイことやれんのかいっ!なのであります


いや、ウマイことやられても困るんやけどw


スマホの普及や危機感もあってか、ネットで情報収集する人が急激に増えたことにより、レガシーメディア全盛期ならば隠し通せたような事でも、あっちゅう間にバレてしまうというのもあるでしょう


以前ならば、情報はメディア側が一方的に送りつけっぱなしで、次々と目先を変えていけば、視聴者は前の情報をすぐに忘れる、というパターンが有効でした。しかし今は、じっくりと情報を検証された上、拡散・共有されるのです


ひょっとしたら、そういう前世魔人的な連中は、昔の感覚のままで時間が止まってるんやなかろうか。昔の手法がいまだに通用すると思うてるからこそ、あんなすぐバレるような稚拙なことをするんやなかろうか


だとすると、この「化けの皮が剥がれていってる」動きは、古い体質をひきずった者は誰なのかを明らかにしてるとも言えますね。以前の日本に戻ってよいのですか!新しい日本に!と謳ってる連中が、実は一番古くさいとかねw



さて、この「外道照身 霊波光線」は、リトマス試験紙のようでもあります


提示された情報にどのような反応を示すか、眼前の問題に対してどのような立場をとるのか明確にせねばならん点で、非常によく似てると思うのですね


これまた各方面でよく見かけるのが、脊髄反射のごとく、1つ1つの小さな情報に過剰反応するヒト達です。いわゆる放射脳(左派主体)や酷使様(新保守層)に顕著ですね。あいつらデマでも平気で拡散しよるからな
(´・ω・`)


その連中は、ネットを活用し、情報弱者の代名詞ともいえる「B層」や「団塊の世代」を厳しく批判しているものの、断片的な情報に過剰反応する様子は、古い体質を引きずった情報弱者そのものにしか見えません


古き良きものは残していこう。しかし古くて悪しきものは淘汰していこう。たぶん今はそういう流れなんやと思うのです。その過程で化けの皮が剥がれていってるのかと


思想信条問わず、古く悪しきものと(時代に)判断されたなら淘汰されるということ、しっかり認識した上で行動すべきやと思います


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ