FC2ブログ

運用の心構え


うーむ
(´・ω・`)


■朝日新聞デジタル:三陸沖M7.3、津波1メートル 東北・関東で震度5弱(2012.12.07)

■MSN産経ニュース:【三陸沖地震】懸念された「アウターライズ型」 長期の警戒必要(2012.12.07)



3.11の大震災があまりにも強烈だったがゆえ、わしらの感覚もマヒしてるんですけど、その後に頻発してる余震でも、3.11以前ならば「大地震」扱いされたものが多いんですよね


今日発生した地震もマグニチュード7.3でしたから、阪神淡路大震災と同レベルなんすわ。いまだ鮮明に記憶の中に残ってるあの1.17震災でさえ、そのうち小物扱いになるやもしれません
(´・ω・`)


お怪我なさった方々はいたようですが、とりあえず津波の被害が無くてよかった。今回、テレビは頑張ったと思うのですよ


■MSN産経ニュース:【三陸沖地震】「命を最優先に」テレビ各局が避難呼びかけ(2012.12.07)


政見放送も中断された模様。それでいいのだ、それぐらいの姿勢でいてこそ公共の電波と言えるのだ


まぁ頑張ったことは評価しますが、3.11の時は緊急地震速報よりもCMや韓流ドラマを優先しやがったからね。相殺どころか謝罪にすらなってないレベル。あの時の罪は果てしなく大きく、重い


それにしてもホンマに凄いと思うのは、震度5弱の地震からわずか数時間後に、東北新幹線が全面復旧し、インフラも大半が復旧していることです。やはり日本は相当おかしい(エエ意味で


当たり前のことですが、自動的に復旧したのではなく、その裏には多くの方々の懸命な努力があるのです。おそらく使命感もあることでしょう。そして高い技術力と相まって、あの迅速な復旧が可能になるわけです


技術や設備だけでなく、それを運用する人間の心構えが必要ってことなのよね


数十年、あるいは100年後ぐらいには、日本の沿岸各地に津波タワー(避難所)が出来ていると思うんですが、もしもその間に巨大地震が無く、3.11の惨状も人々の記憶から薄れてしまっていたら、また悲劇は繰り返されるのでしょうか


実際のところ三陸でも、昔の津波の記録であったり、「これより下に家を建てるな」という石碑があったわけで、それでもあのような事態になってしまったのです。数十年後も同じことが起きないとは言えんのとちゃいますかね


立派な設備があったとしても、それを利用する人間に心構えが出来てなかったら、あまり意味は無いんじゃなかろうか


でも、心構えの伝承って、なかなか難しいですよね。あれは、なんというか、考え方の習慣みたいなもんですから、記録やマニュアル見て「はい完了」とはいかず、日々の積み重ねを必要とするからです


危機に直面しないと、そういうことは普通やろうとはしません。人間のカナシイ性(さが)よのぅ


かと言うて不必要に危機感を煽っていくのもアレですし、うーん、難しいもんだねぇ
(´・ω・`)



WOEPライブ情報

12月9日(日)
アメリカ村 The Cellar

12時半開演 1500円/D
※WOEPの出演は13時の予定です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ