FC2ブログ

BCLの思い出


時事放談ばかり続くのもアレですし、今日はBCLについて書いてみよう。これまでも何度かチラッと書いてますが、BCLというのは「BroadCasting Listner」の略で、主に海外の短波放送を聴いて楽しむ趣味のことですわ


これに小中学生の頃ハマってしまいました。きっかけは自宅にあった1台の古いラジオ。それまでは国内のAM(当時は中波という呼び名が主流で、表示もMWとなっていた)しかオカンが流してなかったのですが、そのラジオにはSW(Short Wave=短波)モードもあったのです


そこはもう、かつて聞いたことがないような言語が飛び交う世界でした。夢中になりましてねぇ。ちょうど何かの小冊子で「BCLは世界を知るための大人の趣味だ」みたいなことが書いてあったので、背伸びしたい年頃ゆえ、余計にハマったのですw


当時お世話になったのは、山田耕嗣さんや三木宮彦さんの本でした。でも、それらの本が刊行された時期からは、各局の周波数や放送時間帯、番組などが大幅に変わってたりしたので、なけなしのお小遣いの中から「月刊短波」を買うたりしたもんです


海外短波放送といいましても、小中学生のガキですので、聞いていたのは大半が日本語放送です。ただ、後期になると他の言語にも興味が出てきまして、よく意味がわからないまま聞いてましたわ(笑


さて、単に聞いてるだけではハマることも無かったであろうBCL。この趣味の大きな魅力ポイントは、放送を聞いて「受信報告書」なるものを作成し、それを各局宛に送りますと「受信証明証(QSLカード、あるいはベリカード)」をもらえることにあったのですね


このベリカード、各局や各国ごとに特徴がありまして、それがまた面白かったのです


中には国際返信切手券(IRC)や返信用封筒を要する局もありましたが、たいては無料で送ってくれました。でもマナーでもあるし、小国の局なんか予算もあんまり無いので、なんとなく同封することが多かったです。当時は!RC1枚160円ぐらいだったかな?


さてさて、そんなこんなで集めたベリカードが、いまだにわしの手元にあります。画像が多くなってしまいますが、ちょっこしその一部をご紹介しましょう


最初はコレ


2012120623480000.jpg

ラジオベリタス・アジア。フィリピンのキリスト教系放送局です。わしがBCLを始めた頃に開局したような記憶があります。ここはいつもカードの裏に一言メッセージを添えてくれてました


2枚目


2012120623490000.jpg

ラジオ・オーストラリア。当時は絶大なる人気の局でした。番組が始まる前にジングルとして「ワルチング・マチルダ」という曲が流れるのですが、フェーディングの中からあの曲が聞こえてくるとワクワクしたものです。このカードは札幌雪まつりとの二元中継記念のものですね


3枚目


2012120623500000.jpg

北京放送。この頃は特に反日うんぬんでも無かったのよね。まぁでも、番組そのものはあまり面白くなかったなぁ。中華音楽ぐらいか


ベリカードと一緒に切り絵も同封してくれましてね


2012120700110000.jpg

これは素直にかわいいと思う
(・∀・)


4枚目


2012120623530000.jpg

自由中国之声。台湾の放送局です。北京放送よりも番組の雰囲気が明るくて、よく聞いてました。周波数ごとの時間帯別詳細なレポートを送ったところ、えらく感謝されまして


2012120623530001.jpg

このような手書きのお礼と


2012120700130000.jpg

自由中国之声グッズをいただきました。やはりこの当時から台湾とはご縁があったのだ。台湾わ〜ん♪


5枚目


2012120623540000.jpg

ベトナムの声。当時の(国家的)財政事情を反映してか、カードというよりも紙です。しかしこの後もレポートを送り続けてると、受信証とともにグリーティングカード(なぜかそちらの方が立派)を添えてくれたりと、なかなか粋な事をしてくれた局です


6枚目


2012120623570001.jpg

KTWR。グアム島の放送局です。ここもキリスト教系だったような気がするなぁ。わりと新しめの局で、合間に入るアコギのジングルが面白かったです


定番をまとめて3枚いきましょう。7枚目


2012120623550000.jpg

日本のみなさま、こんばんは。こちらはロンドン、BBC放送局です


8枚目


2012120623550001.jpg

旧ソ連時代のモスクワ放送。ここの音って、スタジオのせいなのかマイクとの距離のせいなのか、独特のリバーブが掛かったような音だったのね


9枚目


2012120623570000.jpg

西ドイツ時代のドイチェ・ヴェレ。結構人気が高い局だったんだけど、わしはあんまり聞かなかったなぁ


そして個人的お宝を続けて2枚。10枚目


2012120623590000.jpg

RAE、アルゼンチン国営放送。日本語プログラムはあったものの、隣接する周波数帯に強力な妨害電波(ジャミング)が発生しておりまして、キャッチするのが至難のわざという、いわゆる難局・珍局とされていました


どういう加減かはわかりませんが、なぜかわしの家では普通に聞けることが度々ありましてね。で、レポートをIRC同封で送ったのですが、一向に受信証が来ないのです


何度やってもダメでした。いつしかわしの中でRAEは「ケチな局、IRCパクリ局」と認定されていったのですが、実はレポートに対応するスタッフが日本語を読めないということを後で知り、英語で送ってみたところ、見事ベリカードが送られてきたのです


さらにその後、


2012120700140000.jpg

ペナントまでいただきました。正直すまんかった
_ノ乙(、ン、)_



もう1枚のお宝は、、、ちょっと封印しておこうw



BCLから離れてずいぶん経ちますが、その後の自分の人生をふりかえってみると、世界を知るための第一歩は、やはりあの時期に夢中になっていたBCLなんやなぁと思います


ダイヤルの微妙な動きで周波数のポイントを探り、ノイズの向こうから聞こえて来る言葉や音楽に胸をときめかせたあの頃。なにもかもなつかしい思い出です



おまけ:何度かレポートを送ってますと、たまに局アナの写真をカードとともに届けてくれることがありました。その中の2枚を


2012120700060000.jpg

トム・メイヤーさん。ラジオ・ネーデルランド(オランダ)「Happy Station」の名物アナでした


2012120700070000.jpg

サトウ・ミサコ(佐藤美佐子)さん。ラジオ・オーストラリア「素敵なあなたに」担当の人気アナでした



ちなみに、わしが所有したベリカード第1号はコレ



2012120700010000.jpg

MBS毎日放送だったのね。1180Khz時代のものだから貴重かも。トシがバレるけどw



WOEPライブ情報

12月9日(日)
アメリカ村 The Cellar

12時半開演 1500円/D
※WOEPの出演は13時の予定です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ