FC2ブログ

花火の音


8月に入って、大阪はいきなりの残暑モードです。どこまでも高く抜ける青い空、お約束のような夕立。台風の影響もあるのでしょうが、なんだか秋っぽい雰囲気でもあります


そして大阪南部は恒例のPL花火芸術。残念ながらチラ見程度しかできなかったのですが、道すがらの橋や歩道橋、あるいは南に開けた場所は「観覧スポット」と化しており、周辺の人々が団扇を片手に花火を楽しんでるようでした


それにしても、あの天空に響き渡る巨大な太鼓のような音は、何度聞いても心地よいものです。迫力もさることながら、どことなく郷愁を誘うような音でしてね。単なる火薬の爆発音のはずなのにさ


なんというか、本能に訴えかける何かがあるんでしょうね


別に音階があるわけじゃないし、ビートがあるわけでもない。なのに花火の音を音楽的に感じてしまったりします。まぁ至近距離で聴いたら「うるせええええええっ!!!」になるのかもしれませんが(笑


鳥のさえずり、川のせせらぎ、カエルの合掌、コオロギの羽音、等々。どれも和音・リズム・メロディーといった音楽の3要素を満たしていないにもかかわらず、とても音楽的です。というか心地エエ音なのです。不思議よね



もともと音楽って、自然界の音を再現/表現しようとしたのが発端(の1つ)だという話を聞いてます。音階にしろ調律にしろ理論にしろ、その表現のための普遍的な手段として開発されてきたわけです


それらは非常に重要かつ押さえておかねばならないことではありますが、あくまでも手段なのよね。研究者ならばともかく、音楽屋としましては手段と目的をはき違えるのはNGでしょうな。頭でっかちな音楽になっちゃイカンってことね


大切なことは、それらの手段を開発してきた「最初の動機」やと思うのです


すなわち、自然界の音に心を動かされたことから、聴き手の心を動かしたい、そういう動機やったんやないでしょうか


これはあくまでもわしの推測に過ぎません。ただ、音楽の3要素を満たしていない「音」にも感動することがあるように、音楽の本質ってのは「心を動かす」ところにあるんやないかと思うのですわ


そういう音楽をこころがけていこうと、花火の音を聴いてあらためて決意した次第です
(・∀・)



WOEPライブ情報

8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

13時開場/13時半開演/1500円
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ