FC2ブログ

音圧雑感


昨日、坊やを迎える忙しい最中を縫って、久しぶりに髪をカットしに行きました。その美容室ではFM802を流してまして、洋楽邦楽がランダムにかかる番組(たぶんTOP100みたいなやつ?)だったのですが


ランダムだからこそ気付いた。店内の安スピーカーを介しても、洋楽、とりわけブリティッシュ系の楽曲は、ボーカルが自然な感じに聞こえるのですね。前に出てくるというだけやなく、なんというか、凹凸がハッキリ感じ取れるのですよ


対して邦楽はといえば、多くの楽曲のボーカルが、なんだか詰まったような、平坦な感じなのです。そうではない楽曲もあるものの、大半が「奥の方」で聞こえるようなボーカルやったんすよ


米国系の最近の楽曲も似たようなところがあるので、たぶんそういうミックスを真似てるんやろうと思います


音圧を高くしたいのはわかるんやけれど、歌モノの曲でボーカルトラックを圧縮し過ぎたら、何の意味もないと思うんやけどね。そりゃエアプレイでは目立つかもしれんが、長時間のリスニングはしんどくなるし、そもそもそれは音楽的なのか?という疑問もあります


なんかさ、音楽業界の低迷やとかCDが売れないとか言うとるけどさ、音楽的じゃないものをクソ高い値段で提供しておいて、低迷も売れないも無いやろうと思うてみたり


ぶっちゃけ、近年モノの音圧が高過ぎるのも、低迷の一因やないですかね。LP時代ぐらいの音圧がちょうど聴き良いのよ。どのみちCDはオワコン(終わったコンテンツ)なんだから、いっそ思い切ってLP音圧に戻せばエエのに


リスナーにボリューム操作してもらえばエエやん。リスナーを信用せずにゴリ押しするだけの商法は、もうとっくに終わってまっせ



WOEPライブ情報

7月7日(土)
寺田町 FIRELOOP

詳細調整中
※WOEPでの出演です!


8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

詳細調整中
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

タイムリミット


時事放談はしばらく控えるつもりでしたが、スネークさんから「タイムリミットが来たよ〜♪」というネタが来ましたので、とりあえず短文にて


来月7月9日から改正入管法が施行されることは、弊Blogでも昨年にお伝えしました。どのように変わるのかは、入管のWebページにて解説されております


■入国管理局ホームページ:入管法が変わります!-新たな在留管理制度-


この改正については「在日や中国人に有利になる!」等の話も飛び交っておりますが、この手の法律はピンポイントだけ取り上げるのやなく、トータルで見てみないとわかりませんわ。ちなみに不法入国の一掃も改正の目的です


で、何がタイムリミットなのかと申しますと、これですね



■全国在日外国人教育研究協議会:★ 至急の大切なお知らせ ★ 市役所等で「外国人登録原票の写し」を取っておく必要性について(2012.6.7)


引用
新しい外国人住民票には登録基準地(旧本籍地)の記入がないばかりか、同居していない家族との関係を証明する事が困難になります。
(中略)
日本人なら戸籍謄本等で証明出来る家族関係や登録基準地(旧本籍地)の証明が、外国人の場合は日本の役所の書類で証明することが、これからは困難になります。
(中略)
外国人の名前や「通称」の変更、そして外国人登録原票の写しの申請は6月18日までに国に届けるように・・・以後は、外国人住民票の発行に関わる業務との関係で受け付けないと言う事です。



自身の外国人登録原票の写しを持ってない在日外国人は、7月9日以降、日本人でいうところの戸籍謄本等を必要とする手続きが非常に困難になる(事実上無理になる)ってことです。多少の猶予期間があったとしても、もう届出は不可能でしょう


これ、たぶん知らない在日外国人が多いんとちゃいますかね


いきなりどうこうなるわけではありませんが、行動の自由はかなり制限されます。その在日外国人が良心的であるか不逞であるかは関係なく、情報に疎いと「ふるい」にかけられるってことでしょうな


まぁここは日本だからね。外国で住むってことは、本来シビアなもんなんすよ



WOEPライブ情報

7月7日(土)
寺田町 FIRELOOP

詳細調整中
※WOEPでの出演です!


8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

詳細調整中
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

雲散霧消


Webホスティングサービスをやってる企業「ファーストサーバ」が、それらを管理するプログラムの不具合から、大規模なトラブルをやらかしまして、同社と契約している企業(あるいは個人)の所有するデータを消失させてしまったのです


■ITmediaニュース:ファーストサーバで大規模なデータ障害 顧客データが消失(2012.6.22)


あ、ここでいうホスティングってのは、簡単に言うとホームページスペースやデータ管理スペースをレンタルするサービスのことね。WOEPサイトも「さくらインターネット」のホスティングサービスを利用してます


で、ファーストサーバ社が吹っ飛ばしてしまったのは、一部で報道されてるようなメールの送受信データだけではなく、各契約企業の所有する顧客データまで消してしまったのですわ。その被害は、一説によると約5,000社にも及ぶのやとか


こういうケースでは、通常バックアップデータから復元/復旧していくものなんですが、今回はそのバックアップも消えてしまったようで、今日になってファーストサーバ社からギブアップの告知ががが


■ファーストサーバWebサポート:共有サーバーサービスをお使いのお客様へのお願いとご案内


>極めて遺憾ではございますが、データ復旧を行うことは不可能と判断いたしました。


これはひどい。大手企業ならばバックアップも取ってる可能性はありますが、データを預けっぱなしの企業(とりわけ中小零細)ですと、顧客データが吹っ飛ぶなんて一気に死活問題になりますやんか
(;´Д`)


ヘタこくと、これが原因で倒産なんてこともありえます。AIJの詐欺的年金損失もそうでしたが、中小零細には酷すぎることが続きまくりですわ。円高に必死で耐えてきても、クソ連中どもに潰されかねんという理不尽さに怒りを覚えます


ええ、そうです。このファーストサーバ社は


■毎日変態新聞:データ消失:ヤフー子会社のプログラムに欠陥 企業影響(2012.6.23)


ヤフージャパン、すなわちソフトバンク系列の企業なのです。安かろう悪かろう、そのくせ口先だけは達者を是とするSBグループなんかにデータを預けたのが、そもそもの間違い。などと言うてる人もいるようですが、さすがにそれは被害者が浮かばれんのでやめときましょう


今回の件は明らかに人為的ミスですので、損害を与えた顧客に賠償せねばなりません。しかし5000社ですぞ。中には通販企業もあるでしょうから、サーバーが停止してる間に獲得できなかった売上げも考慮すると、それこそ天文学的な賠償金になりかねませんわ


免責が適用されるはず!との声もありますが、専門家の意見はといいますと、


■IT企業の法律実務 弁護士松島淳也:システムの運用・保守をめぐる法律問題(5)免責条項の適用範囲


ファーストサーバ社のケースは、管理用プログラムのバグ放置によって起きたものですので、同社の「積極的な行為」により顧客に損失を与えたものといえます。よって免責条項の適用は無い可能性が高いですね


でさ、どう考えてもファーストサーバ社だけじゃ賠償は不可能だろうから、そこでソフトバンクはどう出るんだろうね。これ、対処を誤ると、SBは一気に崖っぷちへ追い込まれますよ。クラウドサービスで雲散霧消とか、誰がうまいこと言えとw


不思議なことに、この大事件を大々的に報じるメディアはほとんど無く、SB/ヤフーの名前を出したのも、いまのところレガシーメディアでは毎日だけです。SBと関係があることを知られたくないから、同社が裏で動き回ってるとか?まさかねー(棒



さてさて、長文ブログは今日でひとまずお休みです。ここで1つ予言しておきましょう。短文ブログに切り替えた直後から、


誰の目にも明らかな「事件/事故/変化」が続発する、と。


なんせわしはタイミングの悪い男なのです。それだけは自信を持って言えます(キリッ。これまでの人生をふりかえって考えてみると、書けない時に限ってネタが山のように押し寄せてくるというパターンは大いにあり得るのですわ
(;´Д`)


ということで注意喚起をしつつ、筆を置くのでありますです。あらあらかしこ



WOEPライブ情報

7月7日(土)
寺田町 FIRELOOP

詳細調整中
※WOEPでの出演です!


8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

詳細調整中
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

太陽の株価


先月もチラッと予告いたしましたが、私事都合により、長文ブログはしばらくお休みさせていただくことになります。いえね、この日曜に生後1ヶ月の坊やが帰ってくるんすよ。子育てバトルにリソースを割きたいので、ブログは短めにしようという次第でして


ソースを駆使した時事放談も、あんまり書けなくなると思います。もしも楽しみにしてくださってた方がいらしたら、まことに申し訳ない限りです
m;_ _)m


まぁ弊Blogは素人の床屋談義みたいなもんですので、突っ込んだ話は、他の詳しい方々のブログや書籍を読んだり、各種報道を検証するなどされることをお勧めいたします


あ、ブログ自体は継続しますよ。毎日書けるかどうか自信ナッシングですが、なるべく書くようにいたします



さて、坊やのオムツを物色するためにイオンに寄ったところ、催事場に太陽光発電の売り込みコーナーがありました。それは別にええのですが、なーんとなく引っかかるものがありましてね


ちなみに、そこにあった幟(のぼり)には「イオンで太陽光発電を」というのが1本、そしてもう1本が「京セラの太陽光発電」というものでした


京セラといえば、創業者の稲森和夫氏(現日本航空名誉会長)が頭に浮かびます。この方、公言してらっしゃる通り、民主党支持者です。前なんとかのパトロンでもあります
(※Wikipedia参照)


Wikiにあるように、現在は民主党の体たらくに失望して距離を置いているそうです。なんか同じ京都の日本電産の社長も似たようなこと言うてたな。経営視点の先見の明と、政治のそれは違うみたいですな(皮肉


稲森氏自身は距離を置いてるとしても、果たして京セラ自体はどうなのでしょうか。イオンがフランケン岡田系なのもありますが、再生エネルギー(太陽光)買取42円というクソバカ高い金額を推進したのは、果たしてソフトバンクだけだったのか


以前、Twitterにて組長氏(6yamaguchigumi)がこのようなツイートをしてまして



https://twitter.com/6yamaguchigumi/status/195787308241403904


6yamaguchigumi20120427tw.jpg


京セラの株価推移を見たらいい。これが太陽光関連の利権を窺える一端だ。同時に私のツイートを遡って見ればいい。情報と利権について、少しは理解できるだろう。 2012.4.27


ということで【6971】京セラ(株)の1年間の株価推移を見てみますと



kyosera_chart2011-2012.jpg


うーむ、よくわからん。確かに例の「調達価格等算定委員会」が42円を提示してきた前後、株価は急上昇しています。しかし、その後は下落してるわけで、そのあたりどう読めばエエのか、わしにはわかりませんわ
(´・ω・`)


ただ、この異様に高い買い取り価格が、決して普及促進などという名目ではなく、新たな利権目当てであるやろうということは、察するに難くありません


京セラだけを責めるのもアレなので、これを推進した「太陽光発電協会」にはどんな企業が名を連ねているのか、ちょっと見てみましょう


■JPEA 太陽光発電協会:会員名簿


Qセルズ・ジャパンの名もありますな。Qセルズってドイツの企業なんですが、先々月に破綻してますよ。日本法人は別なのかね?


それと、なぜか中国の企業(インリーグリーンエナジー)と韓国の企業(ハンファ・ジャパン)も入ってます。カナダの企業もいるけどさ、こういう連中も42円の推進に加担してると考えてよろしいのかね?


どうも巷で言われているほど、太陽光関連はクリーンではないようですな。クリーンイメージで売って、余計な金を出させて「利権おいしいです」になるわけです。たぶん、そのへんが「引っかかり」の理由やったんでしょう


さて、特大ブーメランが連中に来ますかねー



WOEPライブ情報

7月7日(土)
寺田町 FIRELOOP

詳細調整中
※WOEPでの出演です!


8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

詳細調整中
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 政治・経済・時事問題
ジャンル : 政治・経済

衝突?


ここ数年だけふりかえってみても、毒ギョーザ事件、尖閣諸島での衝突事件、ガス田の勝手な掘削、長野五輪聖火リレーでの狼藉、日本国内にある水源地の買いあさり、広大な領事館の土地取得等々、多くの日本人に「中国は危険だ」と思わせるような事態が続いております


なので、積もり積もった不信感が、当然このような結果につながってくるわけで



■YOMIURI ONLINE:日本人の対中観悪化…「印象よくない」84%(2012.6.20)


そりゃそうなるわね。日本に対してだけやなく、台湾、フィリピン、ベトナムにも不埒な行為をしとりますし、自己の都合のためなら国際法や慣習をも無視してますもん。逆に(印象の)改善要素を探す方が難しい


あくまでも印象の話ですので、これが何かに結びつくとか意味があるとか、そういうものではありません。ただ、中国に対して警戒感を持つというのは、個人的にはエエことやと思います。南北朝鮮に対しても同じくであってほしいけど


さて、その中国についてですが、昨夜ツイッター友達さんと「中国との軍事衝突はあるか?」という話をしてまして


わしの見解は、過去に何度か弊Blogでも述べている通り、「全面衝突や本土への直接侵攻は考えにくいが、尖閣諸島周辺での小規模な衝突はありえる」です。これについて少々捕捉をば


まず、中国人民解放軍の強みはといえば、なんと言うても人の多さにモノを言わせた陸路での物量作戦です。ただ、大量の人員を海路で輸送する手段は限られており、その点で本土への直接侵攻は考えにくいのですね


新潟の広大な領事館にしても、橋頭堡にするためには補給路を確保せねばならず、そのためには制空権を抑えないとあきませんので、現実的にはきわめて難しいかと思われます。ただ、拠点にはなりえるので注意は必要でしょう


核ミサイルがある!とおっしゃるかもしれませんが、これも日本全土を殲滅させるつもりで撃たないと、今度は中国が(他の核保有国から)ターゲットにされる恐れがあります。局地使用はあんまり意味ないからね


つまり本土への直接侵攻は、中国側にとってあまりにもリスクが大きすぎるんですわ。基本「戦わずして勝つ」をいまだに是としている中共ですので、ハイリスクを取ってまでの侵攻は考えにくいっすね


問題は尖閣諸島等の島嶼における局地的な衝突です。これは現在の情勢を見る限り、たしかにありえます。第二列島線を突破したいという中国の思惑と、尖閣諸島周辺に埋蔵されているという膨大な原油狙いもあるでしょうから


このあたりはわしが言うまでもなく、すでに日本国民の間で危機意識が共有されております。例の尖閣諸島購入寄付金がすでに12億円を突破しており、国民の多くが「ただならぬ気配」を感じ取ってる様子がうかがえます


これは石原のジイさんというよりも、一色正春氏の功績だわな。あのビデオが公開されてなければ、たぶんこういう危機感は共有されてなかったと思いますわ



と、ここまではネット上でもよく見かける話です。もちっと突っ込んでみましょう



南沙諸島での傍若無人な振る舞いを見てると、すぐにでも中国が尖閣侵攻を企てそうではありますが、さすがにそれはありえません


まず、中共内部の問題があります。権力争いが激化しており、とてもじゃないが一枚岩とは言えません。さらに、権力を継承しようとしている者たちの基盤が盤石であるとは言い難く、それぞれが「失敗は許されない」状況にあるのです


つまり、衝突を起こすのなら「確実に勝てる相手」でなければならないということです。フィリピンやベトナムにちょっかいを出しているのは、国力を侮っているからに他ありません


次に、中国内部の問題がります。ウイグル/チベット問題にはじまり、バブル崩壊、人件費の高騰による「世界の工場」の終焉、干ばつ、深刻な水質汚染や大気汚染、そして毎日のように起きてる暴動


国防費よりも治安維持費の予算額の方が大きいというのは、中国の内情不安定さを示しています。進出している諸企業にとっては「チャイナリスク」となる一方、中国自身にとっても大きなリスクであります


その国内のガス抜きのために尖閣侵攻をする可能性、、、も確かにあるにはあるのですが、ガス抜きをしようとしたら中で爆発してしまいました=暴動を誘発してしまいました、なんてことになりかねないので、現時点でその可能性は低いかと思われます


そして周辺諸国の問題です。日本と違って中国は地続きで国境を接してますのと、歴史上、常に陸路で侵攻されてきた国ですので、その警戒感は我々が想像する以上にハンパないものがあります


それらの国々との調整をしないまま海へ出る、んで大きな国力を有する国(つまり日本)と一戦を交えるということは、背中がガラ開きになるということで、これもちょっと現時点では考えにくいのです


さらに、国際的信用のある日本を相手に戦争を起こすということは、中国にとって大きな経済的リスクを伴います。世界の工場の名の通り、基本的に外資頼りな経済構造をしておりますので、その流出や逃避を誘発することは大ダメージとなるのですわ


それらのリスクをかぶってまで侵攻してくるかといえば、いまの中共にその覚悟は無いでしょう。黄海での米韓軍事演習に対して何も出来ず、「中国がターゲットよ〜ん」と試射したインドの弾道ミサイルにも何も出来なかったのですから


ただし、


それでも侵攻してきた場合、中共には「その覚悟」があるということになります。これはタチが悪い。小規模とはいえ総力で来る危険性もあるからです


まぁ中共の幹部が次々と海外逃亡を企て、中国の若者たちが日本に好意を持ちつつある現状で、一枚岩になって覚悟を決めてくる!という可能性は、やはり低いと思いますけどね


逆に、日本側の覚悟を示しておくのがエエんやないですかね。中国にとっては、尖閣諸島事件での一般人による抗議デモや、寄付金額12億円なんてのは驚異でしょうから


それにしてもアレですな、ハニトラやら何やらとありますが、冒頭の調査結果でもわかりますように、中共ってのは対外宣伝がヘタクソなんすよね。「戦わずして勝つ」ためには、相手を油断させねばなりません。警戒させてどうするっちゅーねん



WOEPライブ情報

7月7日(土)
寺田町 FIRELOOP

詳細調整中
※WOEPでの出演です!


8月5日(日)
アメリカ村 The Cellar

詳細調整中
※WOEPでの出演です!



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


テーマ : 私の見解
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ