FC2ブログ

TPP


ども。毎度お馴染み、地下音楽屋のblogでございます。ええそうですとも、音楽屋のblogなんですから、日々是音楽の話題が盛りだくさんなのであります







というわけで、今日はTPPのお話(なんでやねん!



あちこちで反対だ賛成だなどの声が聞こえてくるTPPですが、そもそもTPPとは何なのか?まずそこから始めねばなりません



TPP(Trans-Pacific Partnership/環太平洋戦略的経済連携協定)は、もともとシンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4カ国間で始まりました。そこへ米国が割って入り、「日本も来いよ、当然参加するよな?」となっているのが現状です



で、TPPとは何するものぞ?なんですが、簡単に言えば参加国間の関税を撤廃しようというもので、すなわち関税自主権をTPPという枠組みに預けて、各国はそれを放棄することなのです



もっと簡単に言うと、TPPという大きな「国」ができて、各国は「県」みたいになるんやとお考え下さい。つまり、物の行き来や人の行き来が「自由」になるってことね



これだけ聞くと「ブラボーTPP!」という声も出そうですな。実際、推進派やマスゴミ等が垂れ流しているのは、この部分だけです。いつものことですわ
(´д`)



しかしながら、世の中「自由」ほど責任の大きいものはない。また、自分達が自由を得るのならば、相手側も自由を得るわけで、一方のメリットだけで物事を語っているのは詐欺に等しいと思います




現時点での推進派の論調は、ほぼ同じパターンです。たとえば




■MSN産経ニュース:【正論】評論家・屋山太郎 農業と心中のTPP反対は愚だ(2011.10.18)



まぁ屋山太郎は親米の新自由主義者、要はアメポチなので、保守と呼ぶのもバカらしい。ただ、このコラムにあるような論理は、ネット上で散見される推進派(とおぼしき人物)の書き込みにも共通しています



いわく、


1)日本の農業は旧態然とし過ぎている
2)時代はグローバリズム
3)安い農産物を消費者に提供できるのはエエことだ
4)農業も自由競争に組み込むべきだ
5)農業の古い考え方が抵抗勢力となっている

6)関税の撤廃によって輸出増加が見込まれる



さらにネット上では、これに加えて


7)放射能汚染されていない農産物を確保できる


という意見もあります。うーむ、こうやって並べてみただけで、胡散臭さがプンプンしてきますな



胡散臭さの正体は、上にも書きましたように「都合のエエことだけを伝えて、都合の悪いことは隠している」ことにあります。では各論を見ていきましょう




まずは農業が旧態然うんぬんですが、これは確かに一理あります。制度上、構造上の問題点も数多くあり、歪んでいないと言えば嘘になる



しかしながら、一部で言われてるような「補助金だけで食ってる農家」などありませんし、すべての農家が大規模化に対応できるわけでもありません。旧態然という指摘には一理あるものの、その全部が悪と断ずるのは「ちょっと待てェ!」なのです



次に時代はグローバリズムとか、一体何の冗談なんでしょうか?グローバリズムが失敗であったことは、現在の欧米が身を以て証明してくれてるやないですか



安い農産物を消費者に提供うんぬんも同じ。工業製品の低価格化/デフレを考えてみればわかります。買うだけならばエエでしょうが、それによって労働者の所得が下がり、各国で現在起きてるような貧困がさらに拡大します



農業も自由競争とかね、そりゃわかるんだけど、果たしてすべての分野において自由競争を適用することは正しいのか?そのあたりも論じるべきじゃないかね。農業なんて食糧自給率に関わってくるわけだから、国の根幹でしょうに



そして農業が抵抗勢力うんぬんですが、これこそが胡散臭さの極みだわ



TPPにおいて、農産物の関税自由化なんてのは、ほんの1項目に過ぎません。全部で24項目あるんだぜ。なんで農業の問題だけに矮小化するのか?そこがおかしい



ちなみにTPPの24項目作業部会は、報道からすると以下の通り




01:主席交渉官協議
02:市場アクセス(工業)
03:市場アクセス(繊維・衣料品)
04:市場アクセス(農業)
05:原産地規制
06:貿易円滑化
07:SPS(衛生植物検疫)
08:TBT(貿易の技術的障害に関する協定)
09:貿易救済措置
10:政府調達
11:知的財産権
12:競争政策
13:サービス(クロスボーダー)
14:サービス(電気通信)
15:サービス(一時入国)
16:サービス(金融)
17:サービス(e-commerce)
18:投資
19:環境
20:労働
21:制度的事項
22:紛争解決
23:協力
24:横断的事項特別部会




これらすべてについて、関税ならびに関税障壁とみなされるものを「撤廃」するのがTPPです。例外品目はありません



たとえば労働でしたら、日本の最低賃金が「障壁だ」とされたなら、これを撤廃せねばならなくなります。その意味わかりますよね?



企業側にしてみれば「奴隷労働者」を多数確保できてウハウハでしょうが、労働者は即死ですわ。現在以上に貧富の二極分化=格差の超拡大が進むことになりますな



あと、SPS(検疫)の緩和なんて安易にやってしまったら、薬品漬けの遺伝子組み換えしまくり食品でもバンバン入ってくる危険性があるわけで、輸入品は放射能汚染がなくて安心♪なんてのはファンタジーに過ぎないですね




総合しますと、推進派の論調の基本は




自由競争に負けた側が悪い




ということになります。負けたヤツがどうなろうと、汚染食品で体壊そうと、そんなもんは知ったこっちゃない。それがイヤなら競争に勝って、金を儲けろ、安全な食品を食えるようになれ、そういう論理です




しかもこのTPP、参加国のGDPを見てみますと、米国に対応できるのは日本しかありません。ゆえに、事実上アメリカと日本の2国間FTAとも言えます



FTAといえば、先頃韓国がアメリカとのFTAを締結したそうですが、その内容はといえば、まるで韓国に属国というか奴隷国家になれ!といわんばかりのもの。米国は輸出拡大を志向していますので、これと同じことを日本にやってこないとは限りません




そんなわけで、メリットよりもデメリットの方が遥かに多いTPPです。というかさ、TPPを論じる以前の問題があるのよ。それは




超円高をどうするのよ?



いくら関税を撤廃しても、これほどの円高ならメリットなんぞありませんわ。円高に対して「見てるだけーーー」の野田民主党がTPPを謳うのは、策が無いまま殴られに行くようなもんだわね




そして農業問題と絡めるならば、




被災地の農業を潰す気か!ということです




まだまだ復興には時間がかかります。お金も必要です。東北は日本の食糧供給地でもあります。ここは大事にせねばならんのに、推進派は「被災地は見捨てるよ」とでも言うのか





TPPなんて今やる話ではない!




WOEPライブ情報
11月13日(日)
心斎橋 サンホール

18時OPEN 前1500円/要1drink
※久々のサンホールです!


12月4日(日)
日本橋 太陽と月

19時OPEN 円/要1drink
※西堀風之介さんとanbaの夢のアニソンコラボライブ!




■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト
プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ