FC2ブログ

侵略の加担者

 
本題に入る前に、みなさまにお願いがございます
m _ _)m



■MSN産経ニュース:自衛隊員に精神的ダメージ 被災地で診療の医師報告(4/7)



自衛隊員といえども人間です。毎日毎日、遺体の捜索をし、多数の遺体を目にしてしまうと「遺体の様子が夢に出てくる」となるのも無理はありません



みなさま、震災と津波被災地でのご遺体が、すべて「きれいな状態」にあるとお思いでしょうか?答えはノーです。あれほどのガレキにもみくちゃにされたのですから、大きく損傷してしまったご遺体もあるのです



若い隊員をはじめ、お子さんやご家族をお持ちの自衛隊員にしてみれば、それがかなりショックな光景であることは想像に難くありません



でね、みなさまにお願いしたいのは、ぜひ自衛隊員に応援メッセージを送っていただきたいのです



■防衛省・陸上自衛隊:東北地方太平洋沖地震における災害派遣で活動中の隊員へのメッセージ受付
PC版
携帯版




わしらの応援メッセージが隊員達の勇気になります。どうかみなさま、過酷な環境で活動している自衛隊に、応援の声を送って下さい。よろしくお願いいたします
m _ _)m









さて本題です。




以前このblogでもご紹介しました、スイス政府による防衛指南書『民間防衛』から、敵国が侵略してくる際の「戦争なき戦争」、というお話



まぁ『民間防衛』に、そのまま戦争なき戦争と記載されているわけではありません。要約するとそうなるね、ということですわ



こちらのサイトが参考になります

スイス政府「民間防衛」に学ぶ(携帯版はコチラ



ネット上の書き込みやblog等では、このような「まとめ」が見られます



第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」

第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」

第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」

第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」

第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う」

最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民」




加筆している部分もありますが、おおむね正しい解釈やと思います。これを「ネトウヨの妄言きたこれwww」とか言うてる連中は、ほぼ間違いなく『民間防衛』を読んでいませんね



これを見て「うわやべぇ!まんま今の日本じゃねぇーか!」と思うたアナタは正常です。まんま、とまでは言いませんが、朝鮮系帰化人と反日左翼による与党、偏向捏造報道のマスゴミ、日教組による反日教育などなど、これに非常に近い状態になっていますもんね
(´・ω・`)



つまり日本は、侵略されてる真っ最中というわけです。なんべんも書いてますが、ドンパチだけが戦争じゃないのよ




とても残念なことに、この侵略に加担している日本人もいてます。また、知らん間に「洗脳」されて、間接的に加担している日本人も少なくありません



間接的にとは、マスゴミの垂れ流す情報を鵜呑みにして、民主党に投票するような行為です。ちゃんと調べれば、連中の掲げたマニフェストがウソだらけであることがわかったはずですし、なによりも朝鮮系帰化人の集団なんぞに投票しなかったでしょう



エゲツないまでの韓流アゲが、実は目くらましであり洗脳の一手段であったわけです。しかし、友好的で心が広く、先進的な国であるはずの韓国は、このタイミングで、


■聯合ニュース:独島への韓国軍駐留検討する価値ある、金首相(4/7)

■サーチナ:竹島問題に抗議、韓国が震災募金を中止・返還・用途変更へ(4/7)



こういうことしてますね。これが韓国という国の実態ね。友好国でも同盟国でもないのですよ



そんな国と通じ合ってる連中が、いま日本の政権与党にいてるのです



政治なんて誰がやっても同じ、一度やらせてみたらいい、ダメだったら変えればいい、だけど選挙公報なんか読まないし、政見放送も見ない、マニフェストも検証しない、選挙なんか好き嫌いでいいじゃない



などということがクールでカッコイイ、世の中をわかってる物言いだ、のように「洗脳」された人々が、間接的に侵略に加担していたのですね



さすがに震災後の被害拡大をみれば、それが間違った判断だったと気付いた人は多いと思います。でもね、



気付いただけじゃダメさ。ちゃんと「実態はこうなんだ!お前ら騙されちゃダメだ!」と声を上げていかなきゃなりません。まだまだマスゴミに流されてるヒトも多いのですから




マスゴミといえば、こちらのまとめblogをご覧下さいまし


■架空台風監視委員会:民主党政権になって放送禁止になった言葉たち


一部引用


■テレビを主な情報源とする層が東北大震災に抱く印象■

・物資が行き渡り希望あふれる避難所
(実際は数千ある避難所のうち最も支援が行き届いている避難所のみを放送)

・原発周辺の人はもう安全なところに逃げ終えているのね、良かった!
(実際は屋内待機という兵糧攻めでなぶり殺しにされようとしている)

・放射能の影響も限りなく限定的になりそうね、東大の先生もそういってるし!
(実際は内部被曝外部被曝をうまく誤魔化してるし長期を想定していない ただちに〜)



■マスコミが騒ぎ立てていたこと■

・麻生の漢字読み間違え、ホテルのバー
・KARA騒ぎ
・海老蔵暴行
・麻木不倫
・小向マリファナストリッパー
・沢尻エリカ
・ハンカチ王子
・相撲八百長(しかし相撲賭博には触れず)
・韓流ゴリ推し・パンダ
・カンニング
・東日本大震災バラエティ


■逆にマスコミが報道しない(控えている)こと■
・外国人参政権
・尖閣諸島衝突ビデオ
・日本人による大規模反政府デモ
・sengoku38会見
・日教組
・創価学会
・拉致問題
・パチンコ問題
・韓国口蹄疫
・宮崎(赤松)口蹄疫(主にパチンコ議員の失策はスルーする傾向)
・韓国版サブプライム問題+消灯令
・土肥隆一の竹島放棄署名
・在日外国人違法献金問題
・原発の危険性、危機
・自衛隊と米軍の活躍、その他各国の支援(中国・韓国は除く)




なるほどね、その通りだわ。マスゴミには「報道しない自由」とやらがあるそうですが、報道されないことの方に真実があるということね




原発の風評被害に遭っている南相馬市では、物資も滞り、ほとんど兵糧攻め状態になっています。それに対して民主党政府は何もしないままです。ゆえに南相馬市の市長さんは、自らYouTubeで世界へ向けてSOSを発信



■YouTube:SOS from Mayor of Minami Soma City, next to the crippled Fukushima nuclear power plant, Japan





これに世界中が呼応


■YOMIURI ONLINE:南相馬市長がユーチューブでSOS、世界で反響(4/8)

■河北新報:南相馬の町工場、浄水器を大量受注 オマーンの取引先が支援(4/8)




ひと昔前ならば、こういうことはマスメディアに持ち込まれ、そして発信されたはずです。しかし、現在は個人単位でダイレクトに世界へ発信できるツールがあります



それよりもなによりも、もうマスゴミが信用されていないということです
(´・ω・`)




あなたはマスゴミや民主党政府発表を鵜呑みにし、反日連中の言葉にうなずき、侵略に加担する者となりたいですか?



わしはノーだね。だから自分で調べて戦うよ!
 
 

■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ