FC2ブログ

その国

 
今日はホンマは別のことを書こうと思うてたんですが、昼間にsengoku38氏こと一色正春さんの講演があったようなので、それについて少々


■MSN産経ニュース
「“その国”は日本に侵略を開始。ビデオ見れば分かる」と一色元保安官
「国民は誰が本当の情報を流さないか気づき始めた」



■YouTube:「国民のため決断した」あの元海上保安官が語る(11/02/14)






「その国」とは、言うまでもなく中国、シナのことです。日本に対する侵略を開始していると、一色さんは明言してます



事実、新潟県に広大な土地を購入して領事館を移転させようという動きがあります。みなさまご存知ないかもしれませんが、領事館敷地内ってのは治外法権ですので、軍事訓練も可能になるのです



現在、新潟のシナ領事館員は数十人。しかし取得しようとしている土地は、なんと5000坪!何のためにそんな広大な土地が必要なのかね?



ちなみに、首都圏と新潟を結ぶ関越自動車道には、巨大なコンクリート製の「ギロチン」があります。着上陸侵攻があった際、それを爆破して首都への侵攻を遅らせるためのものです。実はずいぶん前から「新潟侵攻」は警戒されてたのですね



ただ、一部で噂されているような「即時侵攻」については、わしは懐疑的です。シナが後先考えずの行動に出るのならともかく、現有戦力や侵攻後の制圧、メリット/デメリットを考えますと、ちょっとありえないなぁと



しかしながら、将来を見越した「拠点」にはなりえるわけで、やはり警戒は必要でしょう。それ以前に治安の悪化が心配ですわな。名古屋に計画されている領事館も同様。あ、各地でシナ資本に買いまくられてる水源地もね




本土への直接侵攻は考えにくいとしても、尖閣諸島周辺での小規模海戦ならば、じゅうぶんありえます。堀江貴文や太田光が「尖閣なんか中国にあげてしまえばいい」などと発言してましたが、1つ盗ったら次々とその手を広げていくのが中共のやりくちなんですけどね



ここ2、3年のうちに沖縄へ行ったことがある方ならわかるでしょうが、十年前とは雰囲気が大きく変わっています。シナ人、半島人が異常に増えているのです。そして本土からは、反日活動家が多く移り住んでいます



尖閣の次は沖縄ということね




中国の古代兵法書に「孫子」というのがあります。実はわしも愛読してるのですが、その孫子において最良の勝ち方とされているのが




「戦わずして勝つこと」なのです




そのために、内通者を作り、情報工作をし、「敵」の結束を緩ませて瓦解させると。戦う気力を失わせ、「敵」が自滅するように仕向ければ、労せず(自分達の兵力を失うことなく)してブン穫れるってわけです




だ か ら




現在何が起きているのか、何か不自然なことはないか、気をつけて見る必要があるのです。一色氏も述べてますが、誰が本当の情報を流していないのか、しっかり見定めていかんとあきません



というかさ、もういいかげんに他人事みたいにスルーするのはやめようぜ。いまナウ日本では「何が起きても何もやらない連中」が政権与党の座にいるのです。他人事のままじゃ、誰も守ってくれないぜ!
 
 

■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ