FC2ブログ

当たり屋

 
日本の領土内である尖閣諸島付近で、海上保安庁の巡視船に中国の漁船が衝突した「事故」は、すでにみなさまご存知のことでしょう。漁船の船長は逮捕され、前なんとか大臣は「日本の国内法で裁く!」と言うたはります



これに対してシナは、閣僚級をはじめ、各種交流を中止したり、あるいは恫喝のようなメッセージとともに「尖閣諸島は中国領内だ、何も問題はない、船長を返せ」と言うてきとります



■ロイター:中国が日本との閣僚級交流を停止、船長拘置延長に対抗措置

■YOMIURI ONLINE:中国1万人観光団、来日中止…尖閣で反日?

■47NEWS:上海万博訪問団千人を拒否 中国側、対抗措置か

■YOMIURI ONLINE:中国、多方面で日本への報復検討…尖閣衝突





この「事故」ですが、シナ側の主張だけを見てますと、まるで偶発的な衝突のように思えますが、そうではありません。シナの漁船が故意にぶつけてきたのです



■NHK:“故意に衝突”ビデオで裏付け



でも尖閣諸島って、日本の領土かどうか曖昧なんでしょ?などという無知なおバカさんも多数いてる昨今の日本。いえいえ、とんでもございません、間違いなく日本の領土ですよ



これについては、意外なことに、なんとあの赤旗が明記しておりますw



■しんぶん赤旗:日本の領有は正当 尖閣諸島 問題解決の方向を考える



尖閣諸島周辺に天然資源があることがわかってから、シナが領有権を主張しだしたワケです。泥棒やんけ。「事故」についても映像や航跡の証拠もあるのですから、これはもう一方的にシナが悪いのです。言いがかりもはなはだしい#




しかし、どんだけ証拠を揃えても、おそらくシナは自分とこの正当性だけを主張してくるでしょう。言うてみれば当たり屋893のインネンつけみたいなもんですわ



シナの目的は、



1)民主党政権の対応を試している

2)難癖つけて尖閣諸島を実効支配する

3)日本から金を引き出す

4)シナ国内の問題から目をそらさせる




まぁこんなところでしょう。日本に対する武力攻撃という説もありますが、シナにとってもハイパーリスキーであるため、現時点でそれは考えにくいです



ただし、脅しの意味で、日本国内にいるシナ人に「大規模デモ」という名の武装蜂起やテロをさせる可能性は、少なからずあります。先の北京五輪聖火リレーにて、長野県で起きた「事件」を覚えてらっしゃる方もいると思います



大量のシナ人が沿道を埋め尽くし、「フリーチベット!」と叫ぶ日本人を集団でボコボコにし、しかし日本の警察はそのシナ人らに対して何もしなかったという、あの「事件」です。この時は自公政権でした



東京都内だけで十数万人のシナ人がいてるといわれてます。地方の中堅都市規模の人口ですよ。中にはちゃんとしたヒトもいるんやろうけど、そうじゃない連中のが圧倒的に多いでしょう



そんなわけで、今後の動きによっては、国内でちょっとした動乱が起きるかもしれません。例によって無いにこしたことはないのですが、とりあえずご注意をば




計算高い分、半島よりもシナのほうがタチが悪い。それにしても、ホンマ迷惑な国々が隣にあって、アタマが痛いです。特アホイホイとか特ア取り線香とか開発できんもんかねぇ
 
 

■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ