FC2ブログ

作風の変化とファン

 
呑み仲間に音楽好きは多いのですが、その中の1人がこう言うのです。「松▲千春とか長■剛のライブ行っても、昔の曲はあんまりやらんと、新しいのばっかりやりよるねん。昔の曲でファンになったヤツは多いはずやのにな」と



なるほど、たしかに。たいていの音楽屋さん達は、おそらく同じようなことをしてますな



まがりなりにも音楽屋の立場でありますので、そうする気持ちはよくわかります。いつまでも新しい挑戦をしていきたいやろうし、ビッグネームになればなるほど、何千回も同じ曲をやってるわけですから、「もう勘弁してくれ、オレはその曲だけの音楽屋じゃないんだ!」ってのもあるでしょう



しかし、先述の彼は言います




「あいつらの最近の曲っておもろないねん」と




ぐおお。これは音楽屋には堪えるセリフ。言い方を変えれば「旬が過ぎてる、懐メロのヒト」という意味にもなるからです



まぁ懐かしさだけを求めてくるリスナーもいてますので、一概に「新しいのはおもろない」とは言えんと思うのですが、古くからのファンをも唸らせる新曲を出せてないというコトになるんでしょうかね




彼らを擁護するつもりはないのですが、長くやってる音楽屋さんは、そのスタイルをどんどん変化させていくことがあります。フォークバンドが突然ロックバンドになったりさ(笑



なぜなら、止まってしまうと、もうクリエイターではなくなる(と考えている)からです。極端な例ですと、英国のABCというバンド。なんとアルバムごとに作風が別物になっとります



ただ、そういう音楽屋の作風の変化に、ついていけないファンが大勢いることは事実です。音楽ってのは、しょせん「好みの問題」ですからね



それでもついてくるヤツだけが真のファンだ!とするか、旧来のスタイルを保持しながらやるか。前者はこれまで応援してくれた人達を切り捨てかねんし、後者は表現としてそれでエエのか?という疑問もあります。音楽屋としては悩ましいところです



ひとつ言えるのは、たとえ新しいことをやろうとも変化しようとも、「納得させるだけのもの」を提供すればエエ、ということです。それをやり続けにゃならんので、なかなか大変ではありますが(汁




さて、これね、音楽の世界だから比較的イージーに言えることなんですよ。国政で「新しいことについてこないヤツ、わからないヤツらは、みんな反革命勢力だ!」とかやってるのは愚劣の極みです



古いもの、先人達が守ってきたものがあったからこそ、現在があるのです。己だけの力で現在の状況を作ったのではない



それを忘れちゃいかん
 
 

■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ