FC2ブログ

LOVE

 
10年ぐらい前、女性誌の特集記事でよく見かけたのが「なりたい自分になる」という言葉でした。最近はまったく見ませんね



かわって台頭してきたのが、「愛され小顔をつくる」「愛されニット」「愛されメイク」といった『愛される』という言葉です。世の女性は、責めから受けに転じてきたのでしょうか?まさかねwww




まぁそれは物売りの戦略みたいなモンですから、どうでもエエとしまして、本日のテーマは「愛」。ラヴですな。「ヴ」は下唇を噛んで発音して下さい(笑




「愛」という言葉を理解するのは、たいそう難しゅうございます。いや、言葉自体の定義はありますし、その意味もなんとなくはわかるのですが、実感としての把握がね、イマイチいたしかねるのです



たいていの場合、「愛」と聞くと、先の女性誌ではありませんが、「愛される」「愛してくれ」が先行します。赤ん坊なんてそうですやんか?広く解釈しますと、「わかってくれ」「受け入れてくれ」も、これに属すると思います



で、「愛してほしい」から「愛する」と。つまりギヴ&テイクですな。「ヴ」は下唇を(略 ww



そして、これもまた大抵の場合、愛した分以上に愛されることを望みます。少ない投資で大きなリターンというワケで、いまどきの金融商品ではまずありえないですね(笑



あ、これは別に批判や非難ではないですよ。人間というのはそういうモンでしょう。そして、それがあるがゆえに、「恋の駆け引き」や「男と女の物語」が生まれたりもするのです。かく言うわしも、その傾向が確実にありますので、他人を批判できる立場ではありません




そりゃそれでエエんやとは思いつつ、数年前から、なんというか、違和感を覚えだしましてね。結局のところ、愛という大義名分の下での「奪い合い」であり「支配」とちゃうんか?そんなことも考えてみたり



生存競争の面からは、それが正しいのやと思います。ゲーノー人やギョーカイ人、あるいは熾烈なビジネス戦争を生き抜く場合も、たぶんそうあるべきなんでしょう



でもねー、なーんか「違う」と思うてしまうんです(汗



たとえば音楽でも、「オレの歌を聞け〜っ!」だけの音楽は、正直しんどくなってきました。その手の方々には、「オレを聞きにきたんなら、オレのすべてを受け入れろ」的な姿勢が往々にして見受けられますが、そのわりには客への「愛」が感じられないです。「愛なら与えてるがな。自分の歌が『愛』そのものや」とは片腹痛い。胎児からやり直して来い!と言いたい今日この頃w




「見返り」や「奪う」「支配する」が前提の『愛』って、やっぱどーも違和感があります。わしゃ甘いんかね?それとも、目指すトコロが変わってきたんですかねー??



いずれにしましても、まだまだ『愛』の答えは出そうにありません;
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ