お膳立て

 
7月もおしまいですね。パンチくんの休業、3人編成でのライブと、今月はバンドにとっていろいろありました。もともと「いろいろあるバンド」ですので、こういうのもアリなんでしょう(笑



思えば年頭からソロ弾き語りミニツアー、春にはオエポポプーンと、まるで今月を予測して準備してたかのようなコトをしておりました。「突然パンチさんが抜けて、あたふたしませんでしたか?」と聞かれましたが、たぶんこのプロセスがあったので、特に慌てることもなかったのでしょう



いえ、これはホントに偶然で、そんな意図もなくやってたことが、たまたま準備になってたというだけです。もともと「偶然だけでやってきたバンド」なので、こういうのもアリですかw




まぁ、ウチらのような地下の底辺にいてるペーペーバンドは、別に契約等の制限もありませんので、いつ解散してもおかしくないワケです。でも、前に書きましたが、こんなウチらでも応援してくださる方々がいてくれてますので、どんなカタチであろうとWOEPナンバーを届け続けなアカンなぁと思うのです



そやから、たまたま準備めいたコトになってただけやとしても、それを「音楽の神様がウチらに続けろと言うてるのや!」などと都合のエエ解釈をしましてですねw、例によって細々と地下でうごめく次第でございます(笑





WOEPを好きや!というてくれてはる方々は、潜在的にはぎょうさんいてると思いたいんですが、まぁそんなに多くはありません。少数派です。でも、結成当初は「ツレに頼らん、コネに頼らん」方針で、まったくのゼロからのスタートでしたので、他のバンドから見れば「10年やってて、ちょっとしかファンおれへんやんwww」のやとしても、純粋に音楽だけでファンになってくれた方々なので、ウチらにとっては大切な存在なのです




たとえ少数であっても、応援してくれる方々を増やすためには、自分らが動かなあきません。誰もお膳立てなんかしてくれませんからね。ちびしいモンですわ



音楽屋としては、出来る限りたくさんのお客さんがいるトコロで、出来る限りエエ条件でやりたいモノですが、初っぱなからそんな高待遇なんてことは、まぁありません。近頃のゆとり世代なお子様達は、どうもそのあたり勘違いしてるようで、ペーペーの分際で「一人前に扱ってくれ」と主張してきますがw



あのさー、客の少ないトコロでやってって言われたら、ほな自分の演奏で客集めたるがな!ぐらいの気概でやればエエんとちゃうのん??短い時間だけ演奏してくれって言われたら、その時間内を全力でやって、次も聴きたい!もっと聴きたい!と思わせたらエエんちゃうのん?



そうやないと、いつまでたっても鍛えられませんやんか。と思ったので、ウチらはそうしてきました。現状、決して自慢できるような成果は挙がってませんが、少なくとも打たれ強くなりましたので、このまま行こうと思ってます




まぁボチボチですけどね(笑
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト

メルマガ

 
久々に今日のうさこ:おりこうさんではない我が家のうさこは、外で尿を撒き散らしたり、ケーブルをカジカジしたりしてくれます。ですので、普段は小屋暮らしさせてます



外に出してやる時も、ご覧のように新聞を敷いて周囲は段ボールで防御しとかなあきません。狭い部屋でこのセッティングをするのは、結構大変です(汗



自由に走り回れないうさこがカワイソウ…。そうお思いでしょうか?ところが、うさこさんはなぜか走り回るのが好きではないようで、もぞもぞしたりゴロゴロする方がエエみたいなので、この状況に満足してらっしゃる模様(笑



そんなうさぎと暮らしてるWOEPのギター弾き、もとい、唄うたい兼ギター弾きです当面はw






さて、今日はメルマガのお話。ウチも生意気にメールマガジンなるものを月1回不定期に発行してまして。いつもご愛読ありがとうございます。以前は月2回やったのですが、あまりにも煩雑なのと、日記でかなり詳細な告知をするようになりましたので、月イチにしたのです



これは「まぐまぐ」などに依頼してるのやなく、わしが手作りでやっております。いつぐらいから始めたんやろ??と見返してみると、どうやら1999年の12月が最初の号やったようです。するってーと、足掛け7年ちょいやってるワケですか



メルマガといいましても、ライブ情報やサイト更新情報が主で、ウチのバンドイメージのわりには、ちょい地味めな内容ですw



といいますか、新しいニュースが頻発したり、メディアにガンガン出たり、ライブ本数が100を越えたりすることは無いバンドですので、毎回メルマガの内容に苦戦しているのが実情っす(大汗



それに、ライブやその他情報は、サイトを直接見てもらった方が早いです。日記の場合、ほぼデイリーでリアルタイムに近い情報を提供してますから。メルマガ見てからサイトを確認する方も、最近は少なくなってきてるようですしね




まーぶっちゃけ言いますと、メルマガの発行意義はあるのか?ちょいと疑問になってきたのです。いえね、決して面倒くさいからやないですよww



7月分は明日発行します。んが、それ以降はどうしよっか、ちょと考えてます。ご意見よろしくですm(_ _)m


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


トリオ・ザ・WOEP

 
3人編成となって初のライブでした。開演時間になっても客席は数人で、フン、みんなパンチくんの方がエエんか!などと若干ムクレてましたが(笑)、あれよあれよという間に席が埋まっていきました。久々に来ていただいた方もいて、ホンマありがたい限りです



ガラにもなく、前日はかなり緊張してました。フロントの全責任を負うワケですので、小心者としましてはガクガクブルブルやったのでございますw



それでも当日になってしまえば、まぁなんとかなるわなーという楽観的な考えがオツムを支配してくれまして、思ったよりも楽な気分で出来ました



セットリストでし


・くよくよしたって
・花太郎
・ブルースジャム
・おばあちゃんの腰
・蛍
・ローカルヒーローのテーマ
・時の回廊
・明日の風

・マイウェイ(アンコール)



今回は意図的に楽器全体の音を大きめにしました。いえ、決してボーカルをゴニョゴニョさせようというわけやなく、なんというか、勝負!という感じでして



わしの声は、残念ながらパンチくんほど大きくはないので、結果として一部音圧負けしたトコロもありました。が、いつも以上に演奏のダイナミクスの幅は広くとれたので、これはこれでアリかなぁと思います



それと、めったにやらない長尺ギターソロや、ベースとのソロバトル?なんぞもやってみまして、これはメチャ面白かったです。この手の長ソロは、見てる側は飽きてしまいがちなんですけど、お客さんも喜んでくれてました



他のギターソロも、やたらと熱が入りまして、「ギターの1音で感動を!」という目標に、ほんの少し近づけたような気がします。まぁとにかく演奏自体は熱かったです




ただ、やはりというか、弾きながらバンドで歌うというのは、かなりキツイですわ(汗。慣れの問題もあるんでしょうけどね。ピッチもずいぶん狂ったし、力が入ってしもて意図した声が出んかったのが反省点です orz



「マイウェイ」では、いろんな想いが走馬灯のようにアタマを巡って、不覚にも歌いながら涙を流してしまいました。ギリギリで止めようと思うたのですが、あきませんねー。オッサンは弱いわーw




そんなこんなで、なんとかトリオで初ライブは、無事に終えることが出来ました。ご来場いただきましたみなさま、いつもながら、ホンマありがとうございます!



それまでバンドイメージの象徴やったフロントの看板が、休業というカタチとは言え、はずれてしまうことは、普通なら活動休止や解散になってもおかしくないのかもしれません



でも、「WOEPを聞きたい!」と応援してくださる方々がいてることが、どんなカタチになろうとも続けなアカンのや!という気にさせてくれてます。あらためてファンの存在のありがたさに気付かされました。ありがとう、本当にありがとう




相変わらずボチボチと、細々とではありますが、エエ音楽をお届けできるよう、がんばっていきます!
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


歌う楽器

 
サウスへ伊太刀山伝兵衛さんのライブを見に行ってきました。実を言うと、行こうら行くまいか迷ってたのですが、YouTubeに氏の動画が上がってて、それがなかなかエエ感じでしたので、仕事あがりにブッ飛ばしてきました



なんとか2部スタートには間に合いまして、後方でじっくり聴かせてもらいました。ジャズ歌謡とでも言えばええのか、小粋な大人の歌という感じです。気合い十分でやってくれましたので、結論から言いますと、非常によかったです



氏はバラードが真骨頂のようで、酒場の曲なんぞ実にエエ感じでした。ただ、あのエレアコの音がチト気になりましたが



それ以上にわしの目を引いたのは、ベースの石井康二氏でした。ウッドベースを自在に駆使する氏の演奏は、その音程感、サウンドの素晴らしさとともに、とてもよく「歌ってる」のです。いやー、これは驚いた



年間200カ所以上もライブしに全国を廻ってるそうで、2人の呼吸もエエ感じです。たぶん、お互いに必要とし合ってるのでしょう。音楽ですな〜





そんなこんなで、前日に他人様のライブを見て、明日は自分達のライブです。年間20本もしてませんが(笑)、1本1本に気合いと魂を込めてやっております。3人編成のWOEP、さてどんなサウンドになるのやらw



明日は雨予報ですが、夕方からは晴れます(断言w。どうぞお越し下さいませ!


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


未熟者

 
人間は完璧ではない。当たり前のことですわな。しかしながら、人はなぜか完璧でありたがり、また、自分は特別で他人とは違うんや的な考えを持ちたがります



とりわけ音楽屋という人種は、この傾向が強いです。ま、表現するということは、すなわち自己愛や自己顕示欲の現れであり、アイデンティティーでもあると思いますので、これはしゃあないのでしょう。かく言うわしにも、確実にありますw



ただし、過度にこの考えを持ったり、露骨に人前で表明したりすることはしません。いやあ、だって逆の立場(言われる側)で考えてみりゃわかりますよ。メッチャうっとうしいですやん



それに、自分よりも遥かに素晴らしく、それこそ完璧に近く見えるような人間は、世界中に山ほどいてるのです。わしはまだまだ未熟者な若造です。危うい考えを持ちそうになった時は、そうやって自分の立ってるトコロを再認識するようにしています






自分よりもさらに未熟な過程にいる人を見ますと、その行動や考えが手に取るようにわかるコトがあります。なぜか?自分もその道を通ってきたからです。経験してきたのやから、読めるのは当たり前ですわ。なにも特殊な能力やないのですよ(笑



でも、読めてしまうがゆえに、自分より未熟な人達のことを見下してしまうことが往々にしてあります。未熟者達の中では、未熟な自分であっても「完璧のごとく」装うことが出来ますので、冒頭に挙げた「完璧になりたがる傾向」と相まって、まるで万能であるかのように振る舞う人もいてます



対等に扱う必要は無いと思いますが、見下すのは大変よろしくありません



自分も通ってきた道や、というのが理由の1つ。もう1つは、他者を見下すということは、自分もまた、自分より達者な連中から見下されてもエエ、というOKサインになるからです



他人を見下すけど、自分は努力してるから認めてくれ。それはちょっと思い上がり過ぎです。努力してる分野では認められたとしても、それ以外では見下されますよ




しょせん人間は完璧にはなれないのですし、いつまでたっても未熟者です。自分もいつか来た道。その時々で、手を引いてくれた人、認めてくれた人、受け入れてくれた人達がいたからこそ、今の自分があります。あの時は迷惑かけたかもしれんなぁ、イヤな思いさせたかもなぁ、そんなことはザラにあります



ですので、日々謙虚に、決して思い上がることなく、しかし堂々とありたいと思う次第です
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
アクセス
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ