FC2ブログ

ポック

 
本日の内容は毒入りですので、そゆのがイヤな方はご覧にならないで下さいまし。長文ですw



・・・ごほん(咳



ロックが市民権を得たとされてから、もうずいぶんの歳月が流れました。演奏形態や音楽性が細分化された現在では、何が「ロック」なのか?ハッキリとは定義できなくなっています


「狂気」「衝動」「暴力性」「反体制」「疾走感」とまぁ、いろんなロックを形容する言葉はあるわけですが、そのどれもが必要十分条件ではなくなっている、ということです


ま、もう「ロック」というのは、概念みたいなモンですかね。ロック屋でありながら言うのもナンですが、それはそれでエエと思います




しかしながら




おい、それはちょっとちゃうやろ?と思うような「ロック」もあります。わしだけが思ってるのか、あるいは他にもそう思ってる方がいらっしゃるのか、それはわかりませんが、「これがロックや」と語るソレに、どうも違和感を覚えることがあるのです



たとえば音量。



でかい音で演るのが「ロックや」と主張する連中がいます。たしかに電気楽器を使いますし、ドラムもありますので、必然的に音量は上がります。ある程度の音量を出さないと、迫力に欠けるということもわかります


が、


その連中は、必要以上に上げるのです



ケース1
やたらギターの音がでかいバンドがありました。明らかにバランスが崩れているので、「もうちょっと下げて」と言いますと、

「これ以上下げたら、おれの音になれへん」とのお返事



ほほぅ、バンドサウンドよりも、おのれの出音の方が大事なわけですなw


ケース2
これまたギターがやたら大音量のバンドがありまして。バランス崩れどころか、完全に他の楽器を食ってました。本人、まったく下げる気もナシ。それどころか、逆に

「この音量に合わせろ」とメンバーやオペレーターに要求する始末



ほほぅ、電気で増幅しとるだけのヤツが、エラそうに語るわけですなw



ガレージパンクなど一部の音楽は、とにかくデカけりゃOK、歌詞なんか聞こえへんでも、爆音に酔うてしまえばエエんや!ってなノリがあります。ま、これは理解できます。そういうのもアリでしょう



しかしながら、歌詞を聞いてくれ、曲を聞いてくれと言いながら、ただデカイ音を出す。どんなロックなことをやってるのかと無理にでも聞いてみれば、どこにでもよくある音をトレースしただけのような、うすっぺらい曲と歌詞


ほんで、ただの大音量な騒音を「ブチかましたった」「ゴリゴリや」「熱かった「気合い入ってた」「みんなビビッとったで」」などと自画自賛するのです



マジでアホちゃうかと思います#



先の両者とも、単なる自己陶酔を「ロック」やと言うとるのです。たとえるなら、オナルシストどもが、自分の粗末なイチモツを露出し、プロジェクターで拡大投影しながら、「ねぇほら見て、ぼくのオニンニン、おっきぃでしょ?」と言いながらシゴいてるようなもんですw



こういう連中が「これがロックや」と言うのを聞いて、違和感を覚えるわしはオカシイのでしょうか??




また、この手の連中は、楽器や機材を乱暴に扱うことが「ロックや」と考える傾向があります



自分の所有物ならエエでしょう。勝手にやってくれ。しかし、他人の所有物や、ハコやスタジオに据え置きの物まで乱暴に扱うな。それはお前らの物ではない。弁償で済まない物も、中にはあるのです


よくあるのが、アンプの音量を上げたまま、スイッチを切ったりケーブルを抜くパターン。「真空管ちゃうから大丈夫やで」とかぬかすアホもいますが、トランジスタ式アンプでも、ポップノイズは確実にスピーカーや回路にダメージを与えます。知らんのか?


あとなぁ、ヒトのギター借りて弦切ってしもたんなら、ちゃんと新しい弦張って返せよな。車借りたらガソリン満タンにして返すやろが?あれと同じや。借りた身分で「弦ぐらいエエやんけ」とか言うな。ほな最初から使うなゆうねん#



というか、楽器や機材を粗末に扱うヤツは、音楽やる資格なんか無いですよ。幼稚園からやり直してきなさい




さらにまた、この手の連中は、いかにワルであるか、いかに不良であるかを「ロックや」とする傾向もあります



いまだに「ロック=不良」の図式もどうかとは思いますが、まぁワイルドなイメージに憧れる気持ちはわかります


ただね、抵抗しない、あるいは批判しないような相手に「ワル」ぶってみたり、自分より立場の弱い者に横柄で不遜な態度をとったりするのは、不良なんかではなく、ただの甘えたの卑怯者に過ぎないのですよ


そんなにワル自慢がしたいなら、その世界へ行け


いっそのこと、893の組事務所に押し込んで、大音量でゲリラライブやったらどうですか?そりゃワルですわな。いろんな意味で伝説にもなりますし、憧れてたスター(お星さま)にもなれるでしょう。あるいは海の藻くずかww。わしは責任持たんよ



それで中身があれば、まだエエのです。無い。出来合いをトレースしたものか、あっても付け焼き刃か一発芸程度です



そういった連中が「これがロックなんや!」と語ることに、猛烈な違和感というか嫌悪感を覚えるのです




なにがロックや、笑わせるな。お前らせいぜい「ポック(POCK=膿疱)」や。ポックンポーラーや。ニョックでもエエぞ。ニョクンニョーラーってw


お客さんも言うてあげればエエのです。「いやあ、久々にゴリゴリのポックを見ました」とか、「気合い入ったニョックですね〜」とかw



ポックの連中は、追求されると逃げます。自ら批判の風に身をさらすこともしませんし、自ら背負って立つこともしません


安全が確保されてるトコロでしか「冒険」しないくせに、たかが箱庭での冒険を「サハラを徒歩で横断した」級の話にします


行き当たりばったりしかしないくせに、それを「刹那的」と言い、堕ちて行く自分に酔いしれます




わし、今の今まで、たとえポックでも、いつか社会の厳しさを感じて、それなりに理解していくのやろうと思うてました。しかし甘かった。アホでした。連中は、いつまでたってもポックなんやと、今日やっとわかりました



いえね、ちょっとした知り合いにポックがいたのですよ



ポックな連中にも「なんとか気付いてくれ」という想いで言葉を投げかけたことはありますが、もうやめます。そして、今日からポックに対しては、容赦しないことにします
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


日本酒よもやま

 
コンビニへ寄ると、「ちょっとちょっとニイさん」と呼ばれました。振り向くと、そこには和菓子さんがいらっしゃいました。きなこ草餅です


アタイはウマイわよ(ウッフン♪


そんな感じで、せくしーに誘惑してきます。おのれビッチ草餅の分際で!と思いながら、次の瞬間にはレジで「あ、これもください」と言うてました。うーむ、前回でコンビニ和菓子は懲りたはずなんですが…


案外ウマかったです。フツーに食えました。ちなみにコレ、山崎製パンのもの


甘いモノばっか食ってると、また腹がメタボリックQになりまっせ。という声も聞こえてきますが、ノンノン。なんせ肉体労働者、消費カロリーの方が遥かに大きいので、この程度は余裕です。それに最近、家であんまり呑まんようになりましたし




一時期、アホほど日本酒にハマりまして、「自分1人で、いったいどれぐらいの銘柄が呑めるのか?」と思いましてね。近場の酒屋で買える地酒に始まり、取り寄せ、通販、最後は蔵まで出向いて買い&呑みまくるという、これまたおバカなコトをしていましたw


どれぐらいの数を呑んだのか、それは自慢くっさくなるので言いませんが、とにかくウマかったです。しっかり造られた日本酒は、時にバナナのような、時に青リンゴのような香りがします。日本酒に限りませんが、エエ酒というのは、呑んだ瞬間に「おほwww」「こ、これは…!」となるのです



焼酎などと比べると、水や湯で割れなかったり、カロリーが高かったりと、女性には敬遠されがちな日本酒ですが、呑まずギライの方も多いんやないでしょうか




呑んだ日本酒の中では、個人的な好みからすると、十四代(山形)と磯自慢(静岡)は群を抜いていました。品質も安定してますし、何よりも「日本酒の実力」をシッカリと感じさせてくれるのです。正直、ごくごく呑むのがもったいないぐらいです(笑


どちらの酒も、以前は関西では入手しにくかったのですが、今はネット通販で手軽に買えます。お値段は少々張りますが、十分そのパフォーマンスはありますので、呑んだことない方はチャレンジしてみて下さいww



いかん、呑みたくなってきました… orz


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


のみもの・かいもの

 
ぬおおおぉ〜っ!森永マミーに新製品が出ておるやないの!その名も「桃香るマミー」。何を隠そう、わしはマミー好きなのですww


ビックルやピルクルでは代用できない、あの微妙にしつこくて爽やかな味は、幼児だけの飲み物にしておくにはもったいない。そう感じて早二十数年、思い出しては時々買うています


しかし、この「桃香るマミー(製造は子会社の清水乳業)」ですが、ちょいと失敗作ではないかぇ?あのマミーっぽさが、あんまり感じられないのです。やはりノーマルマミーがエエですな




そんなわけで、リッチなオッサンは発泡酒でもチビチビと呑むことにするのだよ(涙


キリン「円熟[黒]」。黒、う〜〜ん、黒ねぇ…。言われてみればそうかもね、という感じの黒。よなよなやギネスと比べるのは、根本的に間違ってます。コレはコレ、そういうものです


飲み屋へ行って、スーパードライしか置いてなければ、たとえ好きやなくても、それを頂くのです。白鶴の本醸造しかない場合でも、それを頂くのです。郷に入りては郷に従え、それが「呑み道」というもの


間違っても

「エビスぐらい置いとけよ」

とか

「十四代ないんか?」

などと言うてはあきません。それは無粋やからです。そういう店を選んだ、自分の「嗅覚」の鈍感さを呪いましょうw。気に入らなければ、一杯だけ呑んで店を出ればエエだけのことですから





本日のお買い物:ARIAのコーラスACH-1。t.c.electronicのコーラス+と比べると、キメ細かさや明瞭さには欠けますが、音ヤセもそれほど感じられませんし、なによりも暖かい音がします。ライブで使う分には十分でしょう。安いアナログコーラスの中ではピカイチやと思います


すでにずいぶん前に製造中止となってますので、中古漁りです。あまりに気に入ったので、なんとこれで4台目。中古でBOSSに5K出すなら、これを1Kで買う方が遥かにエエです。ブランド名で敬遠する人が多いせいか、エエ音やのに安値で買えるトコロがポイントですw



ちなみにARIAブランドでは、他に以下がお勧めです

AOD-1/オーバードライブ
:そのまま使うと何の取り柄もないような音ですが、ブースターで使うと、その取り柄の無さが逆に良い効果を出すというブツ

ACP-1/コンプレッサー
:あまりポコポコ音にならないコンプ。クリーミーな音がします



ただし、前にも書きましたが、これが「ARIA Pro2」ブランドになりますと、途端に品質が落ちます。なんででしょうかねぇ??


■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


ネブラスカモドキ

 
なんかね、目がショボショボするのですよ。寝不足のせいかと思うたんですが、目ヤニがへばり付いてるような感がずっとあり、これはどうやら今年も



花 粉 



になった模様(涙。すっかり現代人だね、わーい。と喜んでる場合ではありません。わしは軽度なのでマシな方ですが、それでも油断すると鼻水ダラリです。1回くしゃみすると、立て続けに出ます。おのれ花粉!(激泣 orz



しかしながら、肉体労働の身の上、常時マスクは出来ないのですね。そこなアナタ、マスクしたまま荷物運んでみて下さいな。息切れどころか「しぬーしぬー」という感じになりますよww


とりあえず、ロート製薬のアルガードという目薬をさしてます。ほんの気持ちだけ、ショボショボがマシになってるようです。それにしても、たまらんなコレ。症状の重い方は大変やろなぁ




さてさて




一昨日のライブ終了後、見に来てくれたSpoonのフラウタちいさんに、「anbaさん、弾き語りのCDとか作れへんの?」と言われました。うーむ、考えたこともなかったです。というか、ボツ曲といえど、いちおうWOEP用に作った曲どもなので、それを1人名義で録音するのは、さすがにマズイでしょう



ということで、「いやいや、作りませんよ」と答えておきました。ちいさん、残念そうやったけどゴメン orz



し か し



さっきアコギを手入れしてた時、ふとその話を思い出しまして。中座しているアナロガー計画の話とあわせて、弾き語りをアナログレコーディングするのは面白いかもなぁ、と思ったのです


プリプロでやってるような打ち込みは一切使わず、ファイナル以外はパソコンも使わずで、あえてオールアナログでやってみるというもの。ちょうどブルース・スプリングスティーンの「ネブラスカ」のように、4chのカセットレコーダーで、歌&アコギ&ハーモニカを重ねるのですわ



どのみち、バンドでもアナログレコーディングはやりたいですし、それの予習というか、事前練習というか、そんな感じでエエのではないかと



いかん。そう思ってアタマの中に絵を描きますと、もうやりたくなってきてしまいました(汗笑。2〜30枚の限定版にすればエエんちゃうのん?という勝手な理屈まで作ってしもてますw



いっそのこと、パンチくんもやってみたらどうかね?www



そういえば以前、バンドでもアコースティックバージョンで録音してみよっか、という話がありました。一瞬で消えましたが(笑
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


アトモスフィア

 
昨晩帰宅しますと、急にお腹がグルグル回るよ洗濯機♪になりまして(大汗。あちゃー、こりゃ誰かに風邪を伝染されたかなぁと思いました。ハコにいた最中から、なんか寒気がしていたのです


しかしながら、思い出してみますと、その前の晩から寒気がしていました。うむ、これは単なる寝冷えではないのか?そう思ってカイロを腹に貼って寝ましたところ



治りましたwww



子供じゃあるまいし、エエ年こいて寝冷えかよ。いくら暖冬とはいえ、どんな寝相しとんねん?我ながら困ったもんです orz




さてさて




たしか先々週放映分やったと思いますが、「芋たこなんきん」にてナイスなセリフがありました。主人公の住む医院に、落語家の師匠が体調不良で診察にやって来ます。どうも胃がんらしい。告知をためらう医者に、師匠は「ハッキリ言うてくれ」と言い、こう続けます



私らは空気を読んでナンボの商売ですんや



うーむ、すごい。このセリフを聞いた瞬間、時間が止まったような感覚とともに、「我が意を得たり!」と思いました。あまりにアレでしたので、そのセリフの後のストーリーをよく覚えていないぐらいですw



音楽屋もそうですね、空気を読んでナンボのもんです。一緒に演奏する人達の空気、お客さんの空気、楽曲の持つ空気、出す音の空気、それらを読んでナンボです。なので、このセリフにはとても共感しました



もひとつ付け加えるなら、「空気をつくりだして」ナンボやとも思います



音楽屋のつくりだした「空気」にお客さんが反応し、今度はお客さん側が生み出した「空気」に音楽屋が反応するという、「空気の交流」みたいな状態が、過去に見たエエライブ、または自分達がやった中でのエエライブには、必ずありました


逆に、うまくいかなかったライブは、それが一方的やったり、読めずつくれずやったりしてました



これらを天賦の才能やキャラクターで出来る方々もいますが、わしなんか無いからね、理解するだけでも、ずいぶん時間がかかってしまいましたよ orz



読む&つくりだす方法というのは、それこそ人それぞれでしょう。ひとつ言えますのは、よく観察するということです。目で見るというよりも、肌で感じて観察するというか、そんな感じです




…というような話を、昨晩サウスでしてました。ホンマは「芋たこ」の放映直後に書こうと思うてたんですが、すっかり忘れてましたの(汗
■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ