FC2ブログ

日本ちんぼ  つ

 
週刊ビッグコミックスピリッツで、昨年末から「日本沈没」のマンガ版が連載されている。原作とは登場人物の設定がずいぶん違うんやけど(主人公がスーパーマン的に描かれてるのが気に入らん、玲子はエロキャラじゃなくちゃヤダwwなど)、しばらくは読んでいこうと思います。


原作は、もちろん小松左京氏によるもの。氏はこの他に「首都消失」や「さよならジュピター」などの作品も書いたはる。どれもスリリングやけど、衝撃度では「日本沈没」がダントツやないかなぁ。


もう手元にはないけど、わしもかなり読み返しました。専門用語や科学的な描写も多いので、ガキが読むにはちょいとツラかったんやけど、そこは


「わからん言葉とか読まれへん漢字は飛ばしたらエエんや。ニュアンスよニュアンス」byパンチ兄貴


でクリアww


しかし、そんなことせんでも、ジワジワと迫り来る恐怖感が、ガキにも読み進めさせてくれました。いまでもエエ作品やと思います。


全体的に重い空気が支配してるんやけど、特にラストが悲愴やった。読んでへん方にはネタバレすんませんが、まぁかいつまんで書きますと


巨大地震による崩壊に巻き込まれた主人公は、片手片足を失いながらも、なんとか救出される。生死の境をさまよいながら、やがて意識が回復する。

そうか、おれは助かったのか…

そして、自分の寝ている床がひどく揺れていることに気付き、かたわらの女性に話しかける。

「ひどく揺れるな。まぁ黒潮の上だからしかたがないな」

女性は涙目で「ええ」と答える。南方の港に着くまでまた眠るよと、主人公は再び目を閉じる。

しかし、主人公が乗っていたのは南方に向かった脱出船ではなく、極寒の地を走るシベリア鉄道だったのだ。(完)



当時はまだ「旧ソ連」の時代で、しかもシベリア抑留の記憶を持った世代も現役やった頃。そう考えると、このラストシーンの悲愴さがわかる。


小松氏は当時の「あとがき」で、「続編として、日本民族流浪編も書こうと思うてたが、やっぱやめた」と記してた。書かんでエかったと思いますよマジで。


余談ですが、筒井康隆氏が「日本以外全部沈没」という、おバカなパロディ短編を書いています。出来は中途半端な感じですが、氏らしい毒があって、まぁまぁ面白いです。



実際のところ、日本全体が沈没するような地震は、たぶん生きてるうちには起こらないと思います(断言はできひんけど:汗)。それ以前に



人 心 沈 没



していってるような感が大アリなんですが。



■WOEP New Album
燃える男の唄




WOEP 公式website


スポンサーサイト



プロフィール

woep

Author:woep


大阪を拠点に、地下で細々と、しかし男前に活動するロッキンロールバンド。このブログは、Vo&Gt担当のanbaが主に執筆しています。よろしくです。




公式サイト


最新記事
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
絶賛配信&発売中!



アルバム『落花生』
全国有名CDショップにて絶賛発売中!!

ライブアルバム『うたもの』
ライブ会場にて超絶賛発売中!!


anbaソロアルバム
『HOME』
絶賛手売り中!!w


WOEPからのお願い



吉川友梨ちゃん捜索の輪
どんな些細な情報でも結構です!吉川友梨ちゃんの捜索に、どうかご協力を!

↓下記サイトもご覧下さい↓
吉川友梨ちゃん捜索の輪



うさぎサミット

うさぎを捨てないで!

* * * * *

東日本大震災への義援金に
ご協力下さい!


日本赤十字社
義援金は郵便局・ゆうちょ銀行で受け付け、口座名義は「日本赤十字社 東北関東大震災義援金」、口座番号は「00140−8−507」。9月30日まで受け付けています
みなさま、どうぞお力を!




日本に元気を!


◇トラックバックおよびコメントについて◇


・一部カテゴリはトラックバックを許可していません
・言及またはリンクのないトラックバックは削除させていただきます
・トラックバック、コメントともに、内容によっては削除することがあります。削除基準は管理人の気分です

WOEPへメール

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Twitter

リンク
QRコード
QR
おすすめ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ